近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 最近、いわゆる啓蒙思想の本を一通り読んだので、近代とは何なのか、理性、啓蒙思想、科学をテーマに、僕なりに考えてみようと思います。   理性とは何か スコラ哲学から生まれたもの 僕は、近代を説明するときに、まずデカルトから出発します。 1596年にフランスに生まれた彼は、「理性を使って学問を作ろう」と呼びかけました。 理性、あるいは合理性とは何でしょうか。それを理解するためには、中世を知ると良いでしょう。 近代に入る前(中世)の学問は、トマス・アクィナス(1225生)に端を発するスコラ哲学が支配的でした。 スコラ哲学は、簡単に言えば、キリスト教思想+アリストテレスの自然学です。 神学を学んだ宗教改革者ルター(1483生)は、神の救いは「信仰のみ」によって得られると考えました。 当時のキリスト教は、国家を主体とした国教会となっていて、「教会に行かなければ救われない」という行動を求めていたわけです。 ルターはそこに反対しました。のちにカトリックとプロテスタントに分かれるきっかけですね。 と同時に、彼は信仰と理性を分離したわけです。理性のみでは神にたどり着けない。一方で、哲学・自然学をやるためには、理性が必要で信仰は不要だと。 参考:【科学の本質を探る㉖】中世スコラ学者による近代科学への貢献(その2)スコラ哲学を崩壊させ、哲学を神学から分離したスコラ学者 阿部正紀 – Christian Today こうしてデカルトの思想にたどり着きます。理性とは、何か教えを信じることではないし、感覚でもないのです。 さてデカルト以降は、啓蒙思想と近代科学という二つの流れが生まれました。ひとつずつ見ていきましょう。   啓蒙思想とは 神の支配から民の支配へ 啓蒙思想とは、人間とは何なのか、国家と人間はどのような関係にあ……


記事を読む →

インターネットと古典、その二つだけが僕の人生で大切なことだ


自分の生に何の意味があるのだろう。普段はそんなことは考えないが、自分の生活を、仕事を人に説明するときに、少し考えてしまった。 日銭を稼ぐことや、自分のために物を買うことには、自分に対する価値はあれど、一般の他者に対する価値はあまりない。自分が生きる・生活することは楽しいけれど、それは他人にとってほとんど関係がないことだ。 人生には、やらなければいけないことがある。高校生くらいの頃から、そんな感覚を抱いている。別に何かしなければならないということではないし、何もせずに死んでも良いが、それでも何か人のために、社会のために一仕事した方が楽しいのではないか。 今回は、僕が人生の中で何を為したいと思っているのか、それについて書いていく。 人と人は違う……なぜ? 僕の人生における大きな問い・課題は、人と人はなぜ理解しあえないのかを知りたいということだ。人の違いを生み出すもの、人を動かすものは一体なんなのだろう。 例えば僕の小さい頃だと、オウム真理教の地下鉄サリン事件が世間を騒がせていた。事件の報道はセンセーショナルで話題にはなっていたが、肝心のオウム真理教とは何なのか、なぜそんな事件を起こそうと思ったのか、それはテレビを見ているだけではわからなかった。 2001年には、アメリカで同時多発テロ事件が起こった。なぜテロリストは自らの命を捨ててまで飛行機をぶつけたのか。サダム・フセインやオサマ・ビンラディンとは何者なのか。イスラム教とは何なのか。それはわからないけど、いつの間にか戦争は起こっていた。 お互いの立場はよく知らない状況であっても、事件は起こる。 僕の家でも、母と父が喧嘩し、離婚することがあった。両親は共働きで、仕事で忙しい中で、家事の分担についてもめていた。「喧嘩しないで仲良くしてくれ」と願っても、それに効果はなかった。母と父は、育ってきた家庭環境や、働き方が違った。 母子家庭に……


記事を読む →

僕は議論が好きであり、嫌いである。


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕は議論が好きであり、嫌いです。「好きであり、嫌い? はい矛盾」と言われるから、議論は嫌いなのですが……。 まずは、僕が話そうとしている議論というものについて、説明します。   狭い意味での「議論」 ただ二人の人が何かを言い争っていることを指して議論と呼びたいわけではありません。 (狭い意味での)議論を、「ある主張の真偽を確かめる行為」としましょう。 この主張という言葉も、日本語においてはどうも「理屈抜きに言いたい事」と受け止められがちですが、そうではなく論理学でいう主張です。命題、言明、proposition、statement、claim、argumentとも言って良いでしょう。主張とは、「論証によって確かめられるような、真偽の提示」です。 例えば、「1+1=0である」というのは主張です。普通に考えれば、誤りです。なぜなら、その主張を正しいとすると、1+1=2から、2=0という矛盾が導かれてしまうからです。(1+1=0はある種の立場においては正しいのですが、ここではそれは置いておきましょう) 「同じ重さの羽と鉄球があったとして、鉄球の方が速く落下する」「子供の学習能力は、大人のそれよりも高い」どれも、真偽はともかく、主張です。 議論は、真偽を決めようとするために、根拠を出して話し合うことです。   やっぱり議論が嫌い 冒頭でも書きましたが、僕は議論が嫌いです。 議論そのものが嫌いなのではなく、しかるべき前提がない状況で議論が使われてしまうことが悲しいのです。 こういう人は見たことがあるのではないでしょうか。議論の勝ち負けを気にする人。自分が正しいと主張するために、相手の主張の細かな間違いだけを見つけようとして、主張を聞こうとしない人。議論が全てであると思っている人。……そもそも、議論は一種のコミュニケー……


記事を読む →

人を一方向的に裁ける「正しさ」がわからない


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕には、わからないことがたくさんあります。 多くの人には理解できることが理解できず、いつも自分が間違っているのではないかと思ってきました。そして、常識から外れるようなことを、好んで探して見つけてしまいます。   わからないことの一つが、「正しさ」に関することです。 「正義」というと堅苦しくなってしまうので、「正しさ」と書きます。真実性と言っても良いでしょう。   僕は、「正しさ」が好きではありません。いえ、正しさはそう簡単に使えるものではないと言った方が正確でしょうか。 「正しくないものを擁護する気なのか」「正しくないという批判を受け入れないつもりなのか」と言われそうですが、そのつもりはないです。 どういうことかというと、「正しいとされていること」で人を咎めようとすることが苦手です。例えば、「人命を軽視するな」というのは「正しいとされていること」です。もし仮に、公の場で人命を軽視するような話をしたら、不快に思う人がいることでしょう。そのような思想を持つ生徒がいたら、学校の先生はそれを矯正するように教えることもあります。それは当たり前ですし、基本的には良いことだと思います。   ただし、正しさを人に対して使うことが当たり前となっていることが僕は苦手なのです。 当たり前だからこそ、自動的に間違っているものを間違っていると考える。だから、何のために正しさを使うのかは意識されにくい。特に理由がなくても、「正しくないものは正しくない」と言われ続けることになります。(何度も書きますが、「正しくない」と言う人を批判したいわけではありません。理性ある人間は、そうするものです。) 正しさは、いつでも正しい強力な武器で、人を守ることもあれば人を傷つけることもある諸刃の剣です。何のために正しさを使うのか、それを考えてい……


記事を読む →

たとえネガティブな内容であってもウォッチには価値がある


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕の趣味の一つはネットウォッチで、そこで集めた情報が僕がこのブログを書く理由の一つになっています。例えば、今書いているこの記事は、ウォッチャーをウォッチしたいという欲求から生まれているくらいです。で、僕が好きなのは共感よりも思考を優先するウォッチです。   世の中には大雑把に言って2種類の人がいます。それは、「共感」を優先する人と、「思考(真実)」を優先する人です。それはネットウォッチャーも同様なので、共感型ネットウォッチャー、思考型ネットウォッチャーと呼びましょう。(ユングのタイプ論でいう、感情型と思考型の違いのようなものだと思っていたければ。) この話を考えるきっかけになったのは、僕のブログに幾つか言及してくれているMechaAGさんのブログです。文頭に話題のテーマを外から引っ張ってきて論じるスタイルの記事が多く、彼はネットウォッチャーだと思います。 僕のブログを引用している記事をリストアップしておきます。文脈ラジオ、議論の場という楽園から逃げたしたのは我々の方、議論の場という楽園から逃げたしたのは我々の方2、今日のイケダハヤト2016-08-23、とにかく日本企業は特殊キリ、思考のエコシステム。 で、彼はネットウォッチの中で僕を批判しています。 https://twitter.com/kimu3_slime/status/770601001812234240 “評価の目安が業務内容ではなく『どれだけ会社に尽くしたか?』となれば(中略)、わかりやすい自己表明として長時間労働合戦にもなりやすい” /「アラフォー会社員が死ぬほど忙しい」のは日本企業の特殊な人事制度が原因 | 日刊SPA! スライム君。思考力は高そうなんだけどね~。本もいい本を紹介してる。問題は「社会」に対する情報収集の方法。まあ仕方ないのだが、マスコ……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ