ネットメディアの健全さ・信頼性とは?


ウェブサービスを利用する人は,自覚していなくてもニュースを伝える媒体となっている. その媒体の多くは,現時点では,刺激があるかどうかといった基準や,ページビュー数の多さを評価して伝達を行うが,果たしてそれだけで良いのだろうか. 情報の信頼性や,報道の倫理といったものを今のネットメディアはもたらせているのか. そういった話を,ある一つのニュースに対するネットでの評判を比較したりしてから,考えようと思う.   タイトルの付け方によって憤るかどうかが変わる 日が暮れつつある,蝉の鳴く夏の夕方. 実家に帰り,家で家族と食事と話をしながら,テレビでNHKニュースを流していた.そこで目に留まったのが,このトピックだ. 「館林市が設置した温度計 気象台に届けず 」 NHK NEWSWEB これを見て,私は,駅前に温度計の必要性を感じた館林市がそれを提供したが,市の職員には温度計に申請が必要という認識がなく,それが気象庁の目に留まって指摘された,という理解をした. ニュースの焦点となっている無届であることよりも,市が熱中症を予防するための活動を行ったことに感銘を受けた. また,行政が温度計の設置をすることは気象庁側から想定できることのはずなのに,届け出の必要性が認識されていないという,伝達の不完全さが官庁と行政の間にあることが読み取れる. 館林市は,気象庁の観測でも高い気温を記録している市だ. 「今夏の全国最高39・5度…群馬・館林で記録」 / 読売ONLINE 社会 ニュースが終わって,少し時間が開いた時に,iPhone から Twitter を見ていたら,ちょうど同じニュースについての,ライブドアニュースの公式アカウントのリツイートが回ってきていた.そして,その内容に違和感を覚えた. ライブドアニュース( @livedoornews )のツイート ”【グンマー】”,”「40度……


記事を読む →

人間嫌いのぼっちが人間に関心をもつようになった経緯


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 かつて人間との付き合いを無視してゲームばかりしていた私の最近の興味は,人間とその周辺に移りつつある.そのことに興味を持っていることを自覚するまでのプロセスを,人間に対する認識の移り変わりを中心に,軽く話そうと思う. 人間をわかることがなかった 自分以外の人間がいることに気づいた幼いころから高校生までの自分にとって,人間はよくわからないし,共感できないものであった(今も根本的なところはあまり変わっていないかもしれない). 学校にいくと,近所の人や,同級生や,先生という人間に会う.接する時間が比較的長いのは同級生だ.人間と接していて,典型的に違和感を覚えるのは,自分の関心の極端さだ.意地の悪い先生や,自分の持っているゲームなどの話題なら,同級生と話そうと思える.ところが,話題になっているらしい漫画,ドラマや芸能の話には,まるで関心がもてなかった.ハマればドハマりするし,一見してハマらないものは一切調べようとしないタイプの人間だった.そして,関心のない話をする人と,友達になろうと思えなかった. 小学校高学年くらいになると,同級生の多くは,友達をつくっていた(ように見えた).一方で,自分は友達をつくろうとはしなかったし,誘いかけに応じなかった.自分に社会性が欠けているとは思いながらも,それを修正する気にはならなかった.社会性があると思われるために,あるいは友達になりたいがために,関心のない話をするのは,自分を偽って見せる行いであり,それは人間である相手に失礼だと思ったし,失礼だと思うことを他人にするのは自分のプライドに反した. 中学生の頃は,反抗期か,僻みなのか,同級生の多くを,集まらなければ不安になってしまう人間として内心見下していた.高校生の頃は,クラス内でいかに一人で快適に過ごせるよう振る舞うかを心得て,一人で生きる人間としての……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ