ハンナ・アーレント、ナチズムを理解しようとし続けたユダヤ人哲学者


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ハンナ・アーレントの解説本、映画「ハンナ・アーレント」、番組「100分de名著 全体主義の起源」を見ました。 彼女は1906年ドイツに生まれたユダヤ人で、哲学を学ぶも、ナチスによって強制収容所に送りこまれた経験があります。 なんとかアメリカへ亡命した彼女は、1951年に「全体主義の起源」、1963年に「エルサレムのアイヒマン- 悪の陳腐さについての報告」を著し、ナチズムを理解しようとし続けた人として知られています。 僕はもともと、世界大戦、あるいはアウシュヴィッツでの虐殺はなぜ起こってしまったのか興味があったので、アーレントの思想に触れたいと思いました。 彼女からは、私たちが生きている社会今なおが抱えている問題と、哲学者としての資質を教えてもらった気がします。 画像引用:ハンナ・アーレント – Wikipedia 私以外に目を向けること – 人間の複数性 まずひとつテーマとしてあるのが、ナチズム(ヒトラーやアイヒマン、旧体制のドイツ)だけが悪だったわけではないということだよね。 人って、何か悪い出来事があったときに、悪者探しをしてその”せい”にすることで、問題と自分との関係を切って考えがちです。そうすれば、自分には何の責任もなかった、って言えますからね。   そんなものの考え方ではいけない。アーレントは、「(人間の)複数性」という概念を核として提唱します。 彼女によると、ナチズムに代表される全体主義とは、複数性が失われた状態なのです。 どういうことか。複数性のない状態とは、人間に個性のない状態のことです。人間は誰もが同じで代わりの効く存在であり、100人いれば100人同じことをする。そういう状態では、1万の人がいようが動物がいるのと同じなのです。 これはいわゆる大衆社会……


記事を読む →

身につくのは、自ら考えたことだけだ ショウペンハウエル「読書について」


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ショウペンハウエル「読書について」を読みました。 そもそもこの本は、「読書とは何か」、読書術が書いてある古典的な本だろうと期待して買ってみたのです。 すると期待通り、いや期待以上に読みやすく、的確なことが述べられたエッセーでした。 古典の本ってどうも読みにくいものが多いのですが、プラトンやルネ・デカルトのような明晰さがありますね。 本の選び方という点では「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」も僕は良い本だと思っています。 が、「読書について」はもっと基本的なテーマ、読書と思索(考えること)の関係を扱っています。   読書=他人の思索のタダ乗り 例えば、「読書とは、他人にものを考えてもらうことである」という主張。 言われてみれば当たり前なのですが、初めてその文を見たときはハッとしました。 僕はこれまで読んできた本の紹介記事では、わりと本の内容の紹介、つまり考えてもらったことを要約することが多かった。 これってあんまり身にならないんですよね。だって自分で考えていないから。 逆に、「近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る」とか「「愛」をベースにしたメディア運営をします」といった記事はよくまとめられたと思います。そこには自分のテーマがあるのです。 受け売りの考えは、賞味期限がとても短いです。短期的な記憶が機能してる間だけ使えるもので、それが終わったら読書をする前とほぼ同じ状態へ戻ってしまいます。 どんなにうまいプレイ動画を見ても、それでゲームがうまくなるわけではありません。プレイして頭を疲労させるからこそ、ゲームのための筋肉がつくわけです。 読書のあと頭の中に残るのは、ただ自ら気の向くままに真剣に考えたことだけ。 もともとただ自分のいだく基本的思想にのみ真理と生命が宿る。我々が真の意味で十分に理解するのも自……


記事を読む →

「ハードからソフトのプログラムへ」コンピュータの基礎・ノイマン型コンピュータとは?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 スマホ・パソコン・インターネットは、ここ100年の世界を大きく変えてきました。このブログも、その恩恵によって作られたものと言えます。 さてそれが形になっているのは、コンピュータというものを誰かが生み出したからです。 前回は、コンピュータの原型となる仮想の機械チューリングマシンを紹介しました。 今回は、それを具体的な機械にしたフォン・ノイマンおよびノイマン型コンピュータの特徴を紹介しようと思います。   フォン・ノイマンとは 画像引用:Thomas Gotchy – flicker フォン・ノイマンは1903年、ハンガリーに生まれました。ユダヤ系の家系で、数学や科学全般でめきめき頭角を表す。のちにアメリカで研究活動をし、数学者、物理学車、コンピュータ科学者として知られるようになります。 ものすごく計算が早く、悪魔の頭脳を持つ男とも呼ばれます。コンピュータができたときには、「俺の次に計算の速いやつができた」とジョークを言ったそう。 原爆開発に携わったこともあってか、映画「博士の異常な愛情」のマッドサイエンティストのモデルになったとも言われています。(面白い映画ですが、ノイマン自身とはあんまり関係ないです) 参考:戦争に飲み込まれた科学者の好奇心 マンハッタン計画と原子爆弾   ノイマン型コンピュータとはなにか さて、ノイマン型コンピュータの話をしましょう。 ノイマン型というとなんだか難しく聞こえるかもしれませんが、あとで説明するように記憶装置をもったコンピュータのことです。 前回、チューリングマシンの話をしました。テープとスキャナーと命令書(メモリ、CPU、プログラム)があれば、なんでも計算できる機械ができる、という話でした。 問題は、それをどうやって実現するかです。チューリングマシンをすぐれた形で……


記事を読む →

「数の計算からあらゆるものの計算へ」コンピュータの基礎・チューリングマシンとはなにか?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 スマホ・パソコン・インターネットは、ここ100年の世界を大きく変えてきました。このブログも、その恩恵によって作られたものと言えます。 さてそれが形になっているのは、コンピュータというものを誰かが生み出したからです。 今回は、コンピュータの父と呼ばれるアラン・チューリングと、コンピュータの基礎となった考え方であるチューリングマシンを紹介したいと思います。   チューリングとは 画像引用:AlanTuring.net アラン・チューリングは1912年、イギリスに生まれました。数学や科学全般が小さい頃から得意で、のちに数学者、論理学者、暗号解読者、コンピュータ科学者として知られるようになります。 彼の半生を扱った映画「イミテーション・ゲーム」はオススメ。 第二次世界大戦のときにドイツが使っていた暗号生成装置「エニグマ」を、チューリングが解読としていくというもの。 また、最近では人工知能の話題をニュースで目にすることも増えましたが、機械が知能を持っているかどうか判別するテスト(チューリング・テスト)を作った業績も有名ですね。   チューリング・マシンとはなにか さて、エニグマの話とチューリング・テストの話は、一般向けにわかりやすく紹介されていますが、肝心のチューリング・マシンの話はまだまだ分かりにくいものが多い印象です。 だからこそ、できるだけわかりやすく紹介したいと思います。 チューリング・マシンは、1936年の論文「計算可能数とその決定問題への応用(On computable numbers, with an application to the entscheidungsproblem)」で提唱された仮想の機械。万能計算機械(universal computing machine)とも呼ばれます。 コンピュー……


記事を読む →

メディアは人を改造する マクルーハン「メディア論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 マクルーハン「メディア論―人間の拡張の諸相」を読みました。 読もうと思った理由は、方向性としては二つあります。 これまで読んできた古典では近代(の前半)がわかったので、「資本論」と合わせ、近代の後半から現代にかけて理解したかったから。 もう一つは、インターネットが生み出す文化を研究したいと思っていて、それにあたりメディアの研究は避けて通れないものだから、ですね。 最初は、編集者の菅付雅信さんが書いた「はじめての編集」で、マクルーハンを取り上げていたことから、あ、有名な人・本なのだな、と知ったかと思います。   さて読んでみると、難しいし読みにくい(古典あるある)。一文一文が何を言っているかはわかります。しかし、全体として何を明確に言いたいのかがはっきりとしないんですよね。レヴィ=ストロース「野生の思考」のように、たくさんの例とメタファーが使われています。人によって理解の仕方・面白かったポイントがまったく違いそうな本です。 「メディアの内容を調べても意味がない」、「電気のメディアは個人と公衆の意識をつなげる」という話が面白かったので、そこを紹介していきます。   メディアの「内容」に意味はない マーシャル・マクルーハンは、1911年カナダに生まれました。 もともとは英文学(イギリス文学)の古典を研究をしていた人です。 例えば、活版印刷文化が生まれて間もない頃に、その影響を十分には受けなかった作家の文体を研究していました。 それがあって、1962年の「グーテンベルクの銀河系」や1964年の「メディア論」といったメディアが人に及ぼす影響を論じるようになったのでしょう。 さてメディアとは何でしょうか。マクルーハンは、人間の身体・中枢神経組織の拡張であると述べています。 これはメディアに関する一般的な定義である、「コ……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス