車のクラクション音の由来は?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 車のクラクションは、「プー」と音が鳴ります。ちょっと大きな音で、聞くとびっくりしますよね。 今回は、このクラクションの音が、何に由来するのか調べてみました。 クラクションという言葉の由来 「クラクション」は、実は商品名です。一般名称は、電気式ホーン。 ホッチキスとステープラーの関係に似ています。ステープラーが一般名称なのに、商品名ホッチキスのほうがよく使われる。 クラクションという言葉は、ギリシャ語のklazō(甲高い声を出す)から取ったものでした。そのままですね。 ニューアークの自動車部品メーカー The Lovell-McConnell Manufacturing Co. が製品化し、その年のうちに自動車やオートバイに搭載された。その際、創業者でもある Franklyn Hallett Lovell Jr. がギリシャ語の klazō(甲高い声を出す)から Klaxon と造語した[3]。 引用:警笛 – Wikipedia   クラクション音=電気式ホーンの音 ということで、クラクションの音の由来は、電気式ホーンの音でした。   最初に電気式ホーンの特許が出願されたのは、1914年ドイツ・ボッシュによるものだそうです。(参考:自動車機器テクノロジー – BOSCH)   音を発する仕組みは、ホーンを販売しているミツバサンコーワのページがわかりやすいです。 参考:平型ホーンの構造 – ミツバサンコーワ 参考:渦巻ホーンの構造 – ミツバサンコーワ 簡単に言えば、電気によって振動板(ダイヤフラム)と呼ばれる板を震えさせて、それが音を発し、増幅されるというものです。   ミツバサンコーワのホームページでは、ホーンの音を視聴できます。 普段の……


記事を読む →

土佐中生の空家再生プロジェクトの空家カフェ&お披露目会レポート 地域貢献活動における短期・長期的視点の両立


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 今日は、「出て見て都会。田舎デビュー。~土佐町中生の空家再生プロジェクト~」が主催するイベント、空き家カフェ&お披露目会に参加してきました。楽しかった! 簡単なレポートとともに、「地域貢献における短期・長期的視点の両立」について考えたことを書きます。   土佐中生の空家再生プロジェクトとは? 画像引用:出て見て都会。田舎デビュー。~土佐町中生の空家再生プロジェクト~ 土佐町中生の空家再生プロジェクトとは、生徒自身が地域の課題を考える授業の中で生まれたプロジェクトです。NHKの特集「Discover 四国」のアーカイブされた動画「教育で町を変える」を見るのがわかりやすいですね。 土佐町社会福祉協議会のFacebookに概要がよくまとまっているので、引用します。 ~今年もどきどきっわくわくっっ☆福祉教育っ!!!~ 土佐町中学校「総合的な学習の時間」の取り組みを紹介 3年生は、「自分達にできる地域貢献」をテーマとして、「古民家(空き家)を移住希望者が住めるように改修し、PRイベントを実施する」というプロジェクトを企画しました。 授業には土佐町役場総務課所属嶺北高校教育魅力化特命官の瀬戸昌宣さん、NPO法人れいほく田舎暮らしネットワークの川村幸司さん、土佐町産業振興課所属移住促進担当の鳥山百合子さんとともにサポート役として入っています。が、申請・交渉も含め基本全て生徒達が自分で行います。 まずは、土佐町内の空き家情報をみんなで収集し、「空き家リスト」を作成。現在実際使用させていただく空き家探しと交渉に取り組んでいます。 昨日は地域の方から情報提供いただいた空き家を実際に見に行き、イベントの企画や改修のイメージを膨らませました。 生徒は「広報」「イベント企画」「設計」「総務」4つのチームに分かれ、これからこの壮大なプロジェクト……


記事を読む →

行き止まりになる山道の見分け方(高知県・嶺北地域を例に)


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 高知・嶺北地域に引っ越してきてから、山道をよくドライブします。山の上の方とかワクワクしませんか? ところが、地図上に道があっても、車では通れない道であることも……。 行き止まりになる道の見分け方をちょっとだけ考えてみました。   行き止まりになった地点の例 大豊町・立川郵便局から西へ進んだ地点、白髪山山頂付近。地図には道が表示されているが、砂利道のため車では通れない。引き返すことに。     大川村から県道6号を北へ、山を越えて愛媛県へ抜けようとしました。しかし、県境を越えてすぐに行き止まり。 一本道なので迂回する道がなく、タイムロスが大きかったです。 県道の6号がマップの下側と上側にありますが、よく見るとそれぞれ別物で、実はつながってなかったんですよね。   行き止まりになる道の見分け方 1. 道路が汚いかどうか 行き止まりに続く道は、必ず道路がゴミで汚くなっています。あるいは、道路の舗装がボロボロになっていたり、斜面の土砂が道路に流れ込んでいたり。 汚れていてそのままになっているということは、相当交通量が少ないことを意味しています。つまり、それはその先が行き止まりの可能性が高いということですね。   2. 国道・県道でないかどうか 国道・県道として番号が与えられた道は、道路法によって整備されているため、必ず道路として走ることができます。 逆に言えば、そうではない道を走るということは、行き止まりに突き当たるリスクがゼロではないということです。実際、上で紹介した二つとも国道・県道ではない場所でした。 山頂付近の細い道は、国道・県道・町道として指定されない、里道となっているため、通れない可能性が高いです。(参考:里道 – Wikipedia)   3. Go……


記事を読む →

お茶はどうやってできる? お茶摘み・釜炒り玉緑茶作りの体験イベントに参加してみた in 高知県大川村


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 5月上旬、高知県大川村でお茶摘みイベントに参加してきました。イベントの主催は、れいほく田舎暮らしネットワークです。 大川村は、4月下旬に僕が引っ越した先である土佐町の、隣の村ですね。 24年の人生初のお茶摘み・お茶作り体験。その様子を、写真でお伝えします!   お茶の摘み方・一芯三葉 斜面を利用して、棚のように植えられた茶畑に入ります。 服装としては、長ズボンがオススメですね。枝が足にぶつかって怪我をするかもしれないので、僕はジーパンでした。 日中はかなり暑くなるので、日焼けを気にする方は日焼け止めを塗っておくのが良いかも。   さて、このお茶畑にはたくさんのお茶っぱがあります。 どの葉っぱを摘めば良いのでしょう? 答えは、新しい葉っぱ、新芽(しんめ)です。 若い芽を摘む、ってこういうことなんですね(?)。 次の写真の葉っぱは、大きく、深い緑色になっています。触ってみると硬いですね。これはダメです。   数ある葉っぱの中から、新しくて、やわらかいものを摘んでいきます。 今回は、一番茶を作るため、「一芯三葉(いっしんさんよう)」でした。 一芯三葉というのは、新芽の先端から数えて三枚目の葉まで摘み取る方法です。三葉摘みとも言われます。 一般的なお茶は、先端から数えて四枚目、五枚目まで摘み取るそうです。先端の、より新しいものだけを使ったお茶は高級品なんですねえ。(参考:チャコのお茶知り体験記) 特に、葉っぱが横に開いていないものが、より良いものだ、と教わりました。写真だと、左のものに近いものが上質な葉ですね。 最初、これを勘違いしていたんですよねえ。開いている方がより元気そうに見えたので。しかし、よく考えると、葉っぱは成長すればするほどに横に開いていくもの。それを逆にたどれば、横に開いていないものが新し……


記事を読む →

早寝早起きしたいなら、田舎で生活しよう – 東京都・都会と高知県・田舎のインフラを比べてみた


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 昨日、東京都の目黒区大岡山から、高知県の土佐町に引っ越しました。森林をずっと眺めています。 いわゆる都会から、いわゆる田舎に引っ越してみると、驚くことばかり。 今回は、交通インフラの違いと、その違いによってもたらされる生活環境の違いについて書いてみます。   都会は公共交通で、田舎は車で まず、これは当たり前のことですが、都会での交通手段は電車で、田舎での交通手段は車です。 目黒区に住んでいた時は、どこに出かけるにしても電車を使っていました。 画像引用:東急電鉄 大岡山駅 時刻表 何せ、朝5時から夜の24時まで、1時間に平均して10本の電車が走っています。 一方で、土佐町での公共交通機関はどうでしょうか? 最寄駅である大杉駅は、朝の6時から夜の23時まで、だいたい1時間に1本。 画像引用:えきから時刻表 大杉 [JR]土讃線[駅時刻表] さらに、最寄の大杉駅から土佐町へは、車で約30分かかります。 画像引用:Google Maps 公共交通機関としては、「とさでん交通」のバスがあります。しかし、本数は1日8本! 田井出張所が土佐町内ですね。 画像引用:とさでん交通 領石・南国オフィスパーク・田井線  平日 まあ、土佐町に住んでいる人は車を持っているので、生活する上で困ることはなさそうです。 ただし、外から来るにはちょっと大変ですかね。このブログを読んで来てくれる方なら、ご案内します!   都会の終電は24時台、田舎の終バスは19時台。 この情報だけでも、都会と田舎では交通インフラの違いがよくわかります。 都会の終電は24時台ですが、田舎の終バスは19時台です。 都会に住んでいた時は、飲み会で人と会う時も、まず19時くらいに待ち合わせすることが多かったです。お店も、22時から24時あたりまで開いているんですよ……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス