「FF外から失礼するゾ〜(謝罪) 」「ニコ騒ぎ」のブームをていねいに解説するよ

LINEで送る
Pocket

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

Twitter上で、こんな定型文を見たことはありますか?

FF外から失礼するゾ~(謝罪) このツイート面白スギィ!!!!!自分、RTいいっすか? 淫夢知ってそうだから淫夢のリストにぶち込んでやるぜー いきなりリプしてすみません!許してください!なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)

2016年12月、このコピペにさまざまなキャラの声をあてて朗読することがニコニコ動画・例のアレカテゴリでブームとなっています。ブームのきっかけになったのは、声優の杉田智和さんにコピペを朗読した次の動画注:声真似であり、あくまで杉田さんとは別人

これは12月6日20時に投稿された動画ですが、すぐさま例のアレカテゴリでランキング1位を獲得し、3日で35万再生30分で、5万!

驚くべきは再生数だけではありません。この動画に続き、便乗して生まれた動画の数が多いのなんの

上の動画を受けて新規に作られたタグである、「FF外から失礼するゾ〜(謝罪)」を見てみましょう。見とけよ見とけよ〜

画像引用:FF外から失礼するゾ〜(謝罪) – ニコニコ動画

なんだこの投稿頻度!? 3日間で160以上の動画が生み出されています。1日あたり約50動画が。雪だるま式、カンブリア爆発並みの増え方です。うせやろ? これって・・・勲章ですよぉ?

数が多く全部は見きれないと思うので、面白い(うまい)と思った動画をいくつかピックアップしておきます。声ネタ・朗読が好きな方はぜひ面白い動画を自分で発掘してみてください。

 

ブームのきっかけは?

「FF外から失礼するゾ〜(謝罪)」がブームになったきっかけは、いくつかの要素に分かれています。ごっちゃにするとわかりにくいので、

  1. ニコ騒ぎ・元ツイート
  2. ネットコミュニティでの朗読動画
  3. イキ杉田ホモ和
  4. 月刊化する例のアレカテゴリ

の4つに分けて、順を追って説明しますね。

1.ニコ騒ぎ・元ツイート

まずは、正典となるこちらのツイートですが、次の動画を見ると経緯がわかりやすいです。

FF外から失礼するゾ~(謝罪) このツイート面白スギィ!!!!!自分、RTいいっすか? 淫夢知ってそうだから淫夢のリストにぶち込んでやるぜー いきなりリプしてすみません!許してください!なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)

あるツイッターユーザー@nikosawagiさんのつぶやきが、ツイッターの一部(のホモガキ)にウケた結果、コピペとして出回っていました。その証拠に、FF外botというbotアカウントも生まれています。また、Twitter検索を見るとコピペの使い方がわかりやすい。(よく見ると、動画の元ツイートと出回っているコピペでは内容が微妙に違います。)

ツイート投稿者の当時のアカウント名@nikosawagiから取って、このブームは「ニコ騒ぎ」と呼ばれています(現在はアカウント名を変えて鍵アカウントとなった模様)。

内容についても少し触れましょう。冒頭の「FF外から失礼するゾ~(謝罪)」という文は完全なオリジナルではなく、すでに定型文となっていた「FF外から失礼します」を改変したもの。一部のTwitterユーザーでは、FF(フォロー・フォロワー)の関係の外にある人にリプライを送ることにためらいを覚え、こうして挨拶をするんですね。横から失礼します。

ツイートの大部分は淫夢語録の組み合わせとなっています語録そのものではないので、(ツイッターを使っていない淫夢民は知らなくてもおかしく)ないです。

コピペとして使われているのは、淫夢民としての語録の使い方がうまいからではなく、ほどよくホモガキ感が出ているからでしょう。「全てのスマブラ族に告げる・・・」を思い出します。(参考:ff外から失礼するゾ〜(謝罪) – ニコニコ大百科※鳥肌注意※ – ニコニコ大百科

コピペ化の流れは、今回の動画が流行るだいぶ前の2014年のもので、ニコニコ動画に広がるほど話題になっているわけではありませんでした

そもそもこのコピペのネタがよくわからない、淫夢語録って何?って方は次の記事をご覧ください。(参考:ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ

2.ネットコミュニティでの朗読動画

ニコニコ動画・2ちゃんねる・こえ部など昔からあるインターネットコミュニティには、声真似・朗読を楽しむ文化があります。ニコニコ動画という名前に含まれる動画という単語からは映像をイメージしやすいですが、「空耳」がメジャーな遊びとなっているように、声を楽しむニコニコ音声でもあるのです(参考:ニコニコ動画初期(2007年、(仮)〜(β))の話をしよう 空耳コメントの面白さ

特に淫夢に関連した領域だと、変態糞親父・やったぜ。の朗読が流行したことがありました。こちらのブームは2014年あたりから始まり、現在も続いています。(参考:変態糞親父・やったぜ。・運営批判/本社爆発シリーズを初心者向けに解説

FF外の朗読ブームは、糞親父朗読ブームの再来だという見方もあります。

3.イキ杉田ホモ和

ブームに火をつけたのは杉田さんの真似をした動画でしたが、彼は淫夢と無関係であったわけではありません

特に11月下旬に投稿された次の動画は、例のアレカテゴリで40万再生を獲得。淫夢民にとっての知名度を高めたことでしょう。これはさすがに言い逃れできない。

そのための……そのための俺だし。

金! 暴力! せっかくだから赤い扉を選ぶぜ! よろしくお願いします。

こうして杉田智和さんは、イキ杉田ホモ和というニックネームを与えられ、終身名誉ホモガキに指定されました。これ以上解説すると話が広がりすぎるので、また別の記事で杉田さんのことは紹介したいですね。(参考:イキ杉田ホモ和 – ニコニコ大百科

本当に本人が「FF外から失礼するゾ〜」を読み上げた便乗動画をアップしそうだからこそ、すぐさまブームに火がついたのでしょう。

4.月刊化する例のアレカテゴリ

例のアレカテゴリでは、カテゴリ内である特定の動画がテーマ・ブームになりその動画が量産され、新しいテーマがあるとそちらに一気に乗り換えるという現象が起こるようになりました。その時にテーマとなっている動画は再生されやすく、ランキングを独占するようになります。(参考:全ての元凶 – ニコニコ大百科空前の○○ブーム(淫夢) – ニコニコ大百科

この現象を例のアレカテゴリの月刊化と名付けてみます(僕はこの現象を2016年から始まったものと見ていますが、本当にそうなのか確信が持てません。意見がわかれるところかも。)

2016年6月は東山源次、7-8月はaiueo700・性の喜びおじさん、9-11月はHSI姉貴・ゆうさく……とほぼ1か月ごとに流行するテーマが変わっています。(参考:東山源次がニコニコ動画・淫夢においてブームになったきっかけは、パープル兄貴の熱狂だった統合失調症患者と思われる動画投稿者「aiueo700」さんの思い込みであった集団ストーカーが現実化した。精神疾患を持った人とどう接するか?

特に今回のブームは、ゆうさくブームの次に来ているので、二次創作・ブームになるまでの時間がとても早かったのでしょう。「(便乗)」というタイトルもあって、テンプレ化できることがわかりやすかった。あっ、これかぁ!

ゆうさく注意喚起シリーズは20秒、FF外から失礼は30秒と動画の尺が短いのもポイント。短いということは、作る手間が少なく、思いつきをすぐ形にできるということですよね。

 

 

こうしてまとめてみると、単純に便乗していくように見えるブームにも、いくつかの要因が明確にはたらいていることがわかりますね。今後の例のアレカテゴリも楽しみです。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

LINEで送る
Pocket




おすすめ:ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ





このブログを初めて訪れた人にオススメの記事30選

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber ブームネタ
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project
本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ



Powered by WordPress | Theme: Graphy by Themegraphy