頭の中にないネットワークを使っている

LINEで送る
Pocket

今日は、ネットワークを使うことについて。

本を求めて、大学の図書館に行くことについて、考えてみる。

 

今の時代、OPAC というオンライン蔵書目録 がある。

それを利用すれば、あらかじめ探したい本の番号を知ることができる。

番号をメモしたら、図書館の地図から、その番号のところへ行けばいいだけだ。

付近にある本のことを知らずに、番号によってピンポイントで本を選ぶことができる。

それは、ネットワークのおかげによる物事。

 

ぼくは、そうしている自分に、物悲しさを覚える。

なんでだろうか。

 

図書館の中にある本の分布を把握しなくても、本を見つけることができてしまっている。

オンライン蔵書目録がなかった頃、本を探すことには時間がかかったことだろう。

その頃なら、きっとぼくも利用しやすいデータベースを待ち望んだだろう。

 

けれど今では。

そうしたデータベースがあって、リテラシさえあれば頭を使わず利用できる。

この、頭を使わない感じが、人間としてくやしい。

なので、ぼくの中に、蔵書目録をつくっていきたいと思う。

 

データベースやネットワークは、人がより質の高い情報を瞬時に得られるようにしている。

それによって、例えば、本を読む人が増えるのは喜ばしいことだ。

 

それと同時に、ぼくが懸念することは。

頭の中にネットワークを作らずに、ネットワークを利用できるようになってきている。

ぼくはそのことに疑問を覚えた。

これからはできるだけ、手探りで、頭の中にネットワークをつくっていきたい。

 

こんなところで。

ぼくからあなたに、聞いてもいいですか。

コンピュータや、ネットが出現してから、変わったと思うことはありますか。

それはどんなことでしたか。

あなたの声を聞かせてください。

木村すらいむでした。

ではまた。

 

この文章は、音声でも聞くことができますー。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス