気持ちのすれ違いを見過ごさないコミュニケーションを応援します

話したいがための会話を、両者がやっているのを見ると、うーんって気持ちになる。

 

主義主張の中身のすれ違いはどうでもいい。

だけれど、気持ちがすれ違っていると、会話をしているのだろうかみたいな疑問が出る。

語気を強めた主張に、論理的な反論をしても、なんか違うなあと感じる。

まあまあ、双方が満足して終わればそれでいいのだが。

 

ぼくは望んでいるのだ。

会話では気持ちが調和していることが前提としてあるといいなと。

論理的な部分の方が、人が共同作業していくために優先されることがあるかもしれない。

そんなときも、気持ちのすれ違いを見過ごさないコミュニケーションを応援していようと思う。

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(250記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(40記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(23記事)
Twitter
(66記事)
にちゃんねる・ふたば
(35記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(18記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(40記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(23記事)
Twitter
(66記事)
にちゃんねる・ふたば
(35記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(18記事)
古典
全記事まとめ

(77記事)



スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス