人の目が気になるからといって、根っからの性格を変えることはない。

LINEで送る
Pocket

パーティー会場でざわつく心

自由に席を動いて話すような交流会にいると、自分の心がチクッとすることがある。

よく話す人やよく語る人、笑いや情報を提供する人が、まぶしく見える。

話したい人がいるときは聞いていて、話したい人があまりいないときになって、話す気分になったら話そうという姿勢でいると、ほとんど話さないまま会が終わる。

 

3人組で歩いているとき、狭い通路に差し掛かって、前で話す二人と後ろの一人になることがある。

ぼくはいつも、その後ろにいる方になる。

 

やっぱ自分は地味でアクティブじゃないんだなあ、って思ったりする。

 

どうしてそんなことを気にするのだろう?

アクティブで人を惹きつけるような人でないと、自発的に仕事ができない人なのではないかと見なされる不安が、心のどこかにある。

ただ、それは外からの客観的な見えやすさの問題なのだと思う。

目立ってチャンレンジしている人が、人の目に止まるのは当然だ。

人をそれほど巻き込まないタイプであっても、自発的に物事を進めている人はたくさんいる。

 

また、一般常識とされている話題に、身近で体験するまで興味がもてないということを気にしている。

人と話す話題に欠けるんじゃないかって、社会性がないんじゃないかって、未だに気にしてしまう。

もちろん、必要とあらば調べていく必要はあるだろう。ただ、はじめから何にでも興味をもっておく必要はない。

これらはぼくの性格なのだ。

 

ぼくはぼくの道を歩こう

自分のやや気にしすぎていた性格を、自信がもてるように整理してみよう。

ぼくは控えめだからこそ、人と一緒でなくてもやると決めたことはやる。

興味の対象を絞りきらないからこそ、様々な立場の人の話をワクワクしながら聞きたいと思う。

 

そう、自分の性格の何かに悩んでいたとしても、それを変える必要なんかない。

むしろ、そうしたことで気にしているときに役に立つのは、自分のことをよく知って受け入れることだ。

誰も歩んだことのないような人生を歩めれば楽しいのだから、性格を環境にあわせて変えることはないのだ。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス