新しい仕事に取り組んだ後は、きちんとそれを整理して自分のものにしよう。

LINEで送る
Pocket

仕事の進め方を作り上げていくことは、財産になると思う。

新しい種類の仕事をする度に理解を積み上げていけば、きっとたくさんのことがいとも簡単にできるようになるはずだ。

 

初めて取り組む領域では、何を目標にして、その目標はどうやって達成していくのがわからない。

そんなときには、たくさんの試行錯誤をする必要があって、そのためには十分な時間が必要になる。

初めてとりかかる種類の仕事は、往々にして時間がかかって大変なものだけれど、その経験から何も学ぶことができなかったら、いつまで経っても楽な仕事にはならない。

 

目の前の物事に集中して取り組んでいたら、確実に何かわかったことがあるはずだ。

なので、そうした発見を後々の自分のために残せるようにしておきたいと思う。

それをするには、例えば「学んだと思ったことを、順を追って簡潔に人に説明」してみればいい。

学んだ直後の頭というのはこんがらがっているので、整理してわかりやすく伝えるという行為をするだけで十分に学べることがあるだろう。

 

さらにもっと良く理解して身につけたいなら、テキストとして言語化してみれば良いと思う。

言語化して教科書のようにしてしまえば、その仕事について迷うことはほとんどなくなるだろう。

資料は、人に仕事を支持するために便利なもので、繰り返し使うことのできる財産になる。

実際、パソコンを使って仕事をする人の多い環境では、Google Docs とかで共有しやすいテキストを作っておくことが効率化につながる。

テンプレートにしてしまえる考え方はそこに落としこんで、本当に難しいことに時間をかけていきたいものだ。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ