「なぜ、東京で生きているの?」

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

ぼくはフリーランスとして働き、4月下旬から高知に引っ越します。(参考:木村すらいむ(木村一輝)/ 2016年3月大学院卒業後の活動

で、「何がしたいの?」ということなんですが、既にひとつやりたいことが実現しつつあるんですよね。

それがタイトルの、「なぜ東京で生きているの?」という問いかけです。

スポンサードリンク

「なぜ、高知に行くの?」とめっちゃ聞かれる

「4月から高知に行くんですよー」という話をすると、必ず「びっくりしました。なぜ高知なんですか?」と聞かれます。必ずです

ぼくは、むしろその反応が面白いです。

だって、もし東京で働くとしたら、「なぜ、東京で働くのですか」とはそれほど聞かれないと思うんですよねえ。

つまり、「高知に住む」ことをきっかけとしたコミュニケーションによって、「都市で学んで働くことが、日本においてある程度当たり前になっている」という常識が浮き彫りになっています。この実験(リサーチ)が面白い。

スポンサードリンク

「なぜ東京で生きているの?」という話がしたい

ぼくは、「東京でなくてもできる種類の仕事なので、高知に住む方が面白いから」と答えます。

さらに、東京(≒都市近辺)で生きる人に問いかけたいのです。

「もし、東京以外で好きな仕事ができるとしたら、東京を選びますか?

「なぜ、東京で働くのですか?」

「なぜ、東京に出てきたのですか?」

ぼくは人に接するときのスタンスとして、「なぜ、そんな風に生きているんですか?」という対話を展開させることが好きです。

そういう話をするために、フリーランスとして働くことであったり、高知に住むことは、良いきっかけとなっています。

これは、「なぜ高知に行くの?」という問いかけのひとつの答えになっていますでしょうか。

ぜひ、これについてのアンサーをTwitterやFacebookでいただきたいです。

ChatCastでも面白そうですね。(参考:「ChatCast(チャットキャスト)」の使い方。チャットで遊んでコンテンツに

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(282記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(72記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(72記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
古典
全記事まとめ

(87記事)


ネット好きにおすすめ
スマホの通信制限に悩まない! 動画視聴に最適なポケットWi-Fi「UQ-WiMAX」とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス