スプラトゥーン2公式情報・動画まとめ【2017年2月版】

LINEで送る
Pocket

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

Nintendo Switchの同時に発表されたタイトル「スプラトゥーン2」。

前作「スプラトゥーン」からの改善点、新要素など公式情報が気になるところ。しかし、公式Twitterなど情報がバラバラになっていて見つけにくい。

そこで、ここではスプラトゥーン2の公式情報のみを集めてまとめたいと思います

スポンサードリンク

発売時期

スプラトゥーン2の発売は、2017年夏。何月何日かは現時点では未定。価格も未定です。

引用:Splatoon2 公式ホームページ

ちなみに、本体のNintendo Switchは、29,980円+税、2017年3月3日発売予定です。

2月14日時点Amazonでは売り切れています。さすがに在庫が追加されると予想されるので、定価で買ったほうが転売品を買うよりもお得でしょう。

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 29

 

先行試写会(体験版)の日程

Splatoon2 先行試射会 開催決定!! (3月25日,26日)

先行試写会は、Nintendo Switchでプレイできる体験版です。日時は

3/25 4:00-4:59,12:00-12:59,20:00-20:59

3/26 4:00-4:59,12:00-12:59,20:00-20:59

ソフト発売までSwitchの購入は待とうと思っていたけど、これは欲しくなってしまいますね(笑)。

 

公式チャンネルの動画

Splatoon2 Nintendo Switch プレゼンテーション 2017 出展映像

 

Nintendo Switch 体験会 2017(2日目) 『Splatoon2』紹介ステージ

 

スポンサードリンク

公式Twitterより

操作方法・画面表示・UI

ほぼ同じですが、ジャンプボタンが右スティックに近いBボタンに変更されているそうです。

 

マップは、Xボタンで呼び出す方式に。スーパージャンプは、方向ボタンを押してからAボタンです。ジャイロセンサーでもジャンプ位置を操作できるようです。

 

味方・敵のブキ、生存状況、スペシャルが溜まっているかどうかがいつでも確認できるようになりました。

1では目視でチェックしていたので、地味ながら大きな変化ですね。

 

オンライン対戦・マッチング・ボイスチャット・プレイベートマッチ観戦

スプラトゥーン2に限らず、Nintendo Switchのオンライン対戦は、有料の「オンラインサービス加入者」のみがプレイできるようになりました。

詳しくは:「Nintendo Switch」向けオンラインサービス内容 – Nintendo

スプラトゥーン2は、ついに公式によってボイスチャットが用意されることに。

スマートフォンアプリ「オンラインロビー&ボイスチャット」に対応しています。

1では「イカナカマ」という非公式のフレンド募集サービスもあったくらいですから、公式である程度のマッチング・ボイスチャットが用意されているのは多くのユーザーにとって嬉しいことでしょう。

 

プライベートマッチには観戦機能が追加され、よりゲーム実況に適した形になりました。

 

Nintendo Switchを持ち寄れば、ローカル無線通信でプレイベートマッチができるようになりました。

 

キャラクター・世界観

舞台は「ハイカラシティ」から「ハイカラスクエア」へ。

 

ボーイとガールの2種類しかなかった髪型にも、確認できるだけで6種類のバリエーションが。

 

イカの性能には影響しない「ボトムス」が追加。ファッションの幅が広がります。

 

ジャッジくんの子供、あるいは弟? 小さくてかわいらしい。

 

対戦ルール・ステージ

 

繁華街から少し入った裏路地、バッテラストリート。

 

トレーニングジムが舞台となった「フジツボスポーツクラブ」。

 

ブキ

スプラマニューバーという新種のブキ。〇〇マニューバーが今後増えていくのでしょう。

 

マニューバー特有のアクション、連続で2回まで行える「スライド」も追加。フェイントをかけて攻撃できるのは楽しそうです。

 

ローラーは、ジャンプしたときに「タテ振り」するようになります。

 

スプラトゥーン1で登場していた同じ名前のブキは、モデルチェンジして見た目が変わっています。

 

チャージをしたまま移動し解放できる「チャージキープ」というアクションが追加されました。

移動しにくく固定砲台になるのがチャージャーだと思っていましたが、2ではその印象が変わるかも?

 

シューターは変化なし。スピナーやスロッシャーも登場予定。

 

スペシャルウェポン

スプラトゥーン2では、スペシャルウェポンが一新されます。つまり、バリア、スーパーショット、ダイオウイカなどのスペシャルはおそらくなくなるのでしょう。

マルチミサイルは、ロックオンした相手を追尾するスペシャルウェポン。

 

ハイパープレッサーは、なんと壁を貫通します。相手を端に追い詰める感じですね。

 

自分自身が空を飛ぶスペシャルウェポン「ジェットパック」。隙は大きそうですが、使ってみたいですね。

 

ジャンプから着地して周囲にダメージを与えるスーパーチャクチ。

もしステルスジャンプのギアがあれば嫌がらせ効果は高そうです(笑)。

 

サブウェポン

サブウェポンは、ブキと同じく新しいものもあれば継続するものもあります。

転がって壁に当たると跳ね返るボム「カーリングボム」。チェイスボムに似ていますね。

 

クイックボム、スプラッシュボム、キューバンボムは続投です。

 

スプラトゥーンはずっとやり続けているゲームのひとつなので、スプラトゥーン2の発売も楽しみです。今後も追加情報があれば追記していきますね。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば 考察記事

ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project
ニコニコ動画 ニコ動初期

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ