サーモンラン攻略・オオモノシャケ(7種+α)の弱点・倒し方

LINEで送る
Pocket

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

スプラトゥーン2に新たに追加されたゲームモード・サーモンラン

クリア条件として要求される金イクラはオオモノシャケという大型の敵から手に入ります。

今回は、

主要な7種類のオオモノシャケ(バクダン・ヘビ・テッパン・タワー・モグラ・コウモリ・カタパッド)、

特殊なオオモノシャケ(グリル・ハコビヤ・カンケツセン・ヒカリバエラッシュ)、

これらの特徴・倒し方・弱点を紹介します!

 

スポンサードリンク

7種のオオモノシャケの倒し方

バクダン

オオモノシャケその1・バクダンは、その名の通りボムを投げてくる敵です。

弱点は、相手がボムを発射しようとしているとき頭部

頭部以外の場所、ボムを投げようとしていないときは無敵です。

ボムを投げるために頭部を出すタイミングは短いので、あらかじめエイムを合わせておきましょう。チャージャー、バケツなら倒しやすいですね。

 

ヘビ

ヘビはその長い体でイカたちを追い詰めるオオモノシャケ。

弱点は、ヘビの最後尾にいるシャケ。長い体を回り込む必要があります。

一度弱点に攻撃を当てても、再び頭側が回り込んできて倒しきれないことも。

常に回り込む経路を考えて打ち込むのが良さそうです。

イクラコンテナ付近に近づかれると味方も困るので、遠くにいるうちに倒してしまいましょう。

 

テッパン

テッパンは、身を包むテッパンでイカのインクを跳ね返します。

真正面からの攻撃は効かないとはいえ、打ち込み続けるとダウンさせることができます。

その隙に、後ろ側に回り込み、弱点であるシャケ本体を倒しましょう。

一見無害そうだからと放置していると、高速で突撃してきてやられてしまいます。少しでもショットを当てると動きが遅くなるので、近づいてくるときは止めておきましょう。

とりあえず正面から打てばOKなので、対策を覚える必要がないボーナスシャケと言えるのではないでしょうか?

 

タワー

タワーは、ナベが積み上がり塔になったオオモノシャケ。

本体は一番上にいて、攻撃するためには下にあるすべてのナベを弾き飛ばす必要があります。

ナベは一番下からしか飛ばせないわけではないので、どの部分を狙っても大丈夫です。チャージャーは連射して倒しましょう。ブラスターは連射できないので不利ですね。

テッパンに次ぎ、倒すには考えることの少ないオオモノシャケですね。

ただし放置するとハイパープレッサーを打ってきます。処理できそうな位置にいるならさっさと処理してしまいましょう。

 

モグラ

モグラは、潜伏状態で色を塗りながら進み、飛び出して攻撃しては潜る、を繰り返します。

潜っている状態では当然こちらの攻撃は当たりませんし、飛び出したときでさえショットは無効です。

モグラが飛び出してくる場所に合わせてボムを置いておくことで攻撃できます。

敵インクの動きで場所がわかり、少しだけ地面に飛び出しているセンサーの点滅で飛び出すタイミングがわかります

ボムを置くべき場所はそれほど広くなく、結構当てにくいんですよね。

カメラを地面に向けて、ボムを転がす距離を調節するテクニックが求められます。

実は、顔を出した瞬間にショットを打ち込むことでも倒せます。

 

コウモリ

コウモリは、カサで身をガードしながらミサイルを発射してきます。

ミサイル発射→身を出す→雨を降らせる→傘にこもる→ミサイル発射……のループですね。

なので、ミサイル発射直後が狙い目です。少し体力があるので、倒すまでに2サイクルかかるかもしれません。

テッパンと同じくあまり考えずとも倒せますが、インクの雨で足場が塗られると、次にやってくるシャケと戦いづらくなりますね。そうするとますますシャケが増えていって、全滅して今うかもしれない。

放置したくないオオモノシャケのひとつです。

 

カタパッド

今回した7種の中で、個人的に最も厄介だと思うのがこのカタパッド。

肩に装着したゴミ箱のような発射口から、マルチミサイルをたまに発射してきます。直撃すると一撃死なので、カーソルをよく見て動きましょう。

ミサイルを撃たない間は、下にインクを流しながら動き回ります。

相手のミサイル発射タイミングがこちらにとってもチャンス。その二つの発射口にボムを投げ込むことで倒せます。

上側にボムを投げるのは、慣れないうちは難しいかもしれません。ボムボタンを長押しすることで、ボムが飛ぶ軌道が表示されるので、それを目安に投げましょう

攻撃できる時間が割合短いこと、2つボムを上に向けて投げ入れなくてはらないので、倒すのに時間がかかりやすいですね。

 

基本は7種

バクダン・ヘビ・テッパン・タワー・モグラ・コウモリ・カタパッドの7種類。

もっと他にも種類がいますが、初心者としてはまずこの7種の倒し方を覚えておきたいですね!

タイムリミット前に金イクラを集めおわるためには、苦手なタイプのオオモノシャケを意識しておくことが有効です。やばいやつがきたらさっさと倒しましょう!

 

スポンサードリンク

特殊なオオモノシャケ

バイトに慣れてくると、基本7種以外のオオモノシャケが出てくる特殊なWAVEに出会うことも。

グリル

グリルは、インクを下側に吐き出しながら浮かび上がり、イカを追いかけるオオモノシャケ。

近づいたイカにレーザーを当ててその方向に移動してくるので、動きを読んで追い詰められないようにしましょう。

弱点は、背中側にある赤い部分貝の身みたいな見た目ですね。

一定弱点に回数打ち込むと弱点を大量に増やしながら停止するのでさらに打ち続ければ倒せます

このとき小さいシャケを大量に出すので、足元の掃除も忘れないように。

イクラコンテナ付近まで攻め込まれてしまうと、かわす場所がなくなり、ヘビのように処理が難しくなってしまいます

最初のうちはできるだけ奥の方で倒し、グリルに踏み込まれないようにしましょう

 

ハコビヤ

ハコビヤは、空中に浮かび続けて、シャケつきのボックスを無数に落としてきます

ボックスが地上に着く前に上にいるシャケを倒せば金イクラゲット! ボックスを地上で放置しておくと、大きめのシャケが出てきてめんどくさいです。

ハコビヤの恐ろしいのは、ときどきイクラコンテナにはりついて金イクラを吸い取ってしまうところ

いくら集めても、吸い取られていてはノルマ達成できません。ハコビヤがイクラコンテナを狙ってきたら、上を向いてダメージを与え、追い返しましょう。ハイパープレッサーが特に有効です。

クマサンも「おや…?ハコビヤがイクラコンテナのほうを見ているね…」「イクラコンテナが危ない! すぐんいイクラコンテナへ向かいなさい」と警告を発してくれるので、警戒すべきタイミングはわかりやすいと思います。

 

カンケツセン・キンシャケ

キンシャケが出現するWAVEでは、ステージにいくつかのカンケツセンが設置されます。そのどれかひとつに、キンシャケが隠れています

ショットを打つとハズレかアタリかがわかり、ハズレだと普通のシャケ、アタリだとキンシャケが出現

現れたキンシャケは、別のカンケツセンへ移動するまでの間に攻撃できます。金イクラゲットのチャンス!

ハズレのカンケツセンに時間をかけていてもしょうがないので、チームでバラバラにわかれ、いち早くアタリを見つけるのがコツですね。

また、死ぬことは少ないですが、金イクラ不足になりやすいのがこのWAVE。キンシャケが出現したらカモンで味方を呼び一度にできるだけ多くの金イクラを回収しましょう

 

ヒカリバエラッシュ・キンシャケ

ヒカリバエという金色のハエが味方の一人にくっつくWAVE。

海から上がってきたシャケは列をなし、ものすごい勢いでヒカリバエに向かっていきます

一人では倒しきれないので、ヒカリバエを持っていない味方は道中に待ち構え、シャケの大群を倒していきましょう

ラッシュの中にはキンシャケが混ざっているため、そこから金イクラを回収できます回収もヒカリバエのない人の仕事ですね。

ヒカリバエを持っている味方に近づくと、ヒカリバエが乗り移ってしまいますイクラ群が向かってくる場所も変わるので注意しましょう

ヒカリバエを持っている人が倒れると、一気にリズムが乱れ、全滅してしまうことも

ノルマ数はきびしくないので、ラッシュの規則を崩さないように落ち着いて処理し続けましょう

 

弱点を覚えて、効率よく金イクラ回収。これがサーモンラン攻略につながると思います。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

Nintendo Switch Proコントローラー スプラトゥーン2エディション
任天堂 (2017-07-21)
売り上げランキング: 23

 

amiibo ガール【ネオンピンク】 (スプラトゥーンシリーズ)
任天堂 (2017-07-21)
売り上げランキング: 14
スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ