前提を共有すると、会話が弾む。

LINEで送る
Pocket

伝わっていないように見えるコミュニケーションを見ると、ムズムズする。受け取れる理解と説明の間にあるギャップをなくしたくなります。

ちょっと説明すればわかることを、説明しないのはもったいない。「なぜなのか」がはっきりとしない会話を聞いていると、もやもやが残る。せっかく言葉を使っているのだから、少しでも内容が伝わるようにしたい。

どんな前提で物事を考えているのかが共有できていないと、それ以降での会話も噛み合いにくくなるでしょう。

 

例えば、ぼくを含め3人で話しているとき、こんな感じの会話があった。

A「虹っていうのは、つまり光の屈折だから、」

B「へえー、そうなんですか。」

ぼく「太陽の白い光は、様々な色の光が重なって白く見える。太陽からの光が空中の水分に当たって戻ってくるとき、その光がそれぞれの色の光に分かれて見えるんだよね。それをAくんは、光の屈折によるものだと言ってるんだと思う。」

B「そういうことなんですね。」

 

この会話をより一般化すると、次のような流れになる。

A「Xの本質は、Zなんだよね」

B「そうなんですか」

ぼく「Yという理由から、Xの本質はZと言えるんだと思うよ」

B「そういうことなんですね」

 

会話の中で共有できる前提を増やしていけば、深い話をスムーズにできるようになる。人間関係がステップアップする。そうなれば、お互いに話が伝わりやすくなって、話が膨らんでいく。

 

次に、あなたが誰かの会話を聞く機会があったら。一つ一つの発話に、どんな前提が隠れているかを気にしてみると、面白いと思いますよ。

あなたの反応をお待ちしています。木村すらいむでした。ではまた。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス