カレーの「おいしい作り方」を煮込みアレンジ

LINEで送る
Pocket

ぼくはカレーが好きです。

材料を揃えて、テクニックを磨いて、おしゃれな食事を作る、みたいなことに興味が湧かないんですよ。

  1. 栄養価があって
  2. (材料の購入含めて)作るのが簡単で
  3. 安い

この3条件を満たすものしか自炊したことがないのです。

その中でもカレーは、栄養バランス、調理の楽しさ、ご飯との組み合わせで何食分も食べられるという点で、すばらしい。

 

今回は、カレーを一ヶ月作り続けたぼくが見出した、レシピ「おいしい作り方」との違いを写真で紹介していきます。

 

IMG_1380

1.厚手のなべにサラダ油を熱し、一口大に切った肉、野菜をよく炒めます。

2.水を加え、沸騰したらあくを取り、材料が柔らかくなるまで弱火〜中火で約15分煮込みます。

3.いったん火を止め、ルウを割り入れて溶かします。

4.再び弱火でとろみがつくまで約10分煮込みます。

CGC コク仕込みカレーのルー裏面。これが「おいしい作り方」のレシピですね。

量としては、この10皿分を目安に作ります。

 

IMG_1370

用意した材料はこちら。玉ねぎは一個半、人参は一本、他はすべて使い切ります。

カレーを作るときは、何も考えずにスーパーでこれらの材料とヨーグルトを選んで、すぐに買い物を終わらせています。

材料と料理のマッチングの難しさが、調理の楽しさでもあり面倒臭さでもありますね。

 

 

 

 

IMG_1371

1.厚手のなべにサラダ油を熱し、一口大に切った肉、野菜をよく炒めます。

炒めません。炒めてから作ったこともありましたが、さじ加減が悪かったのかそれほど火が通っていませんでした。どうせ煮込むなら、煮込みをしっかりすることの方が大切なのだと学びましたね。

ということで、具材が浸る程度に水を入れ、沸騰直前くらいまでに温めます。その間に野菜を切っていきます。

ちなみに、なべの大きさは1.5-2Lくらいかな。

 

 

IMG_1372 IMG_1373 IMG_1374 IMG_1375

火をよく通したいものから順に、一口大に切っていきます。経験のうちに、安全かつ効率の良い切り方になっていきました。

じゃがいもの芽は取りますが、皮はむきません。しっかり煮込むと、皮は溶けて見えなくなります。



 

 

IMG_1376

切った具材を鍋に入れていきます。ジャガイモ、人参、玉ねぎ、豚肉の順。

 

IMG_1377

2.水を加え、沸騰したらあくを取り、材料が柔らかくなるまで弱火〜中火で約15分煮込みます。

材料が浸るくらいまで水を加えます。あくは面倒なので取りません。強火で20分強煮込みます。

この煮込みが、カレーの質を左右する重要なポイントです。

具材がどれだけ煮込まれるかは、単に火の強さだけでなく、水の量に依ります。水が多ければ、それだけ火力を強めなければなりません。

とろとろになるまで徹底的に煮込んだときの方が、ぼくはおいしく感じました。

そこでの成功体験から、できるだけ水を減らして長時間煮込むようにしています。加熱で水が飛んで具材が焦げ付かない、ぎりぎりのところを攻めます。このあたりのさじ加減は経験ですね。

 

 

 

IMG_1378

20分後。とろっとろですね。もうこれだけでうまそう。かなり野菜が縮んでいます。次回は、もう少し野菜を入れても良さそうです。

 

 

IMG_1379

3.いったん火を止め、ルウを割り入れて溶かします。

煮込みで水が少ないので、望みの量まで水を入れます。当然中身は冷えるので、火は止めません

ここではルウを溶かすことがポイントです。ルウを投下したら、底のほうからすくい取るようにかき混ぜます。底に焦げ付きが残らないように。

しっかり底を綺麗にしておくと、ルウが全体に溶けて、鍋洗いも簡単になります。

 

 

 

IMG_1381

4.再び弱火でとろみがつくまで約10分煮込みます。

中火で10分煮込みます。ふつふつと軽く煮立っているくらいのほうが、ルウが染み込みやすいような気がしています。気のせいかも。

これで完成です。

 

 

 

IMG_1382

炊きたてのご飯と

IMG_1383

できたてのカレーを

IMG_1384

大きなお皿に盛りつけて。いただきます。

 

 

 

IMG_1385

ごちそうさまでした。

 

 

 

IMG_1386

 

余ったカレーはパックに入れて、冷蔵庫に保管します。食前に入れようとすると熱すぎるので、食後のタイミングが良いです。

パックは、ジップロックコンテナー 大を使っています。捗りますね。

ジップロック コンテナー 角型 大 お買い得パック 4個入
旭化成ホームプロダクツ
売り上げランキング: 7,003

 

保管したカレーは、7回くらいかけて食べました。2-3日分ですね。

40-50分の調理で、これだけの量が作れます。カレーを作らない理由はないですね!

 

「おいしい作り方」のレシピとの違い。それは、煮込みを徹底的に行うということです。それにつきます。

あなたはどんな風に調理をしていますか?レシピを参考にしたとき、どれくらいアレンジしますか。

あなたの反応をお待ちしております。木村すらいむでした。ではまた。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ