ぼっち飯?一人でご飯を食べやすい人間関係って、良いじゃないか。

LINEで送る
Pocket

「ぼっち飯」という言葉がある。

一人ぼっちでご飯を食べるということだ。

学校や職場などで、多人数で食べる人が多い状況が想定されている。

単に一人飯ではなく、「ぼっち飯」とややネガティブに表現しているのが気になる。

 

一人でご飯を食べるのは苦手ではないほうだ。

人の多い学生食堂でも、特に気にせず食べる。

混んでいたり、うるさかったりするのは避けたいが。

 

一人でご飯を食べているときに、知り合いに遭遇すると少し面倒くさい。

読書をしていたりするから。

近くにいるのを見かけた時は、「今集中してます」のオーラを出す。

それでも話しかけられたら、気分を切り替える。

 

話を交えての食事も、もちろん好きだ。二、三人くらいで。

同じペースで話しているはずだが、たいていぼくの方が遅く食べ終わる。

あまり速く食べることができないのだ。

先に食べ終わった相手は、暇なのでお話してくれる。ありがたいことだ。

人とご飯に行くときは、食事という名目で話を聞きに行っているくらいに思っている。

 

なんで食事と人間関係の話をもちだしたのか。

一人でご飯を食べやすい人間関係って、良いじゃないか、ということだ。

輪から外れているだけで、口出しされる関係は面倒くさい。

変わっているやつだと思われてもいい。自由でいたい。

一人でいたい気分のときは一人でいる。

人と話したい気分のときは、気の合う人を見つけて話す。

 

「一人でご飯を食べてます」という人とは仲良くなれそうだと思う。

あんまり会ったことないけれど。

「食べてるとき、何考えてる?」「知り合いに会ったとき、どうする?」

そういう問いからいくらでも話がふくらむ。

 

この記事を読んだあなたはどうだろう。

一人でご飯を食べているとき、何を気にしていますか。

あなたの反応をお待ちしております。

木村すらいむでした。

ではまた。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス