「付き合う」という考え方、どこで学んだの。

告白とか交際とか、よくわからないまま生きてきた。

小学校の高学年くらいになると、そういう恋愛にまつわる話が噂されるようになる。

一体どこでそんなことを学んだのだろう?と疑問に思っていた。

友達の話を聞いていて、まねしたくなったりするのかなあ。

 

ぼくが無性愛というわけでも非性愛というわけでもなくて。

「告白と同意によって交際という関係が成立する。付き合っている間柄にはルールがある。トラブルがあると破局する。」

そういう習慣がわからなかっただけなのだ。

人間関係って、そういったよく知られた手続きを通して発展していくものなのか。

深く考えずに行動していれば、そういうレールの上に勝手に乗るのだろうか。

人間以外の動物でも、交際や結婚をするのだろうか。気になる。

 

集団内外での恋愛について、決まり事が必要であることは、納得できる。

学校や部活動、サークルに所属する人の恋愛活動は、無秩序であることが許されにくい。

二人以上と付き合っていることが公にされると、習慣的に揉め事が起こりやすい。

ある種の縛りがなければ、一定のモラルが守れずに、集団として批判されてしまう。

健全そうな恋愛をしていると見られるための習慣。

その意味でなら、集団にとって必要とされることはわかる。

 

それを個人が守ろうとすることがわからないのだ。

どうして、告白や交際という手段を踏むのだろうか。

お互いが周囲に悪く見られないようにするため、といったことを考えているのだろうか。

そうでなければ、なぜなんだろう。

 

あなたはどんなきっかけで告白や交際というものを知りましたか。

それについてどう思っていますか。

あなたの反応をお待ちしております。

木村すらいむでした。

ではまた。

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(225記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(38記事)
クッキー☆
(27記事)
ホモと見るYoutuber
(9記事)
MAD全般
(28記事)
バーチャルYoutuber
(14記事)
Twitter
(60記事)
にちゃんねる・ふたば
(32記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(16記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(38記事)
クッキー☆
(27記事)
ホモと見るYoutuber
(9記事)
MAD全般
(28記事)
バーチャルYoutuber
(14記事)
Twitter
(60記事)
にちゃんねる・ふたば
(32記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(16記事)
古典
全記事まとめ

(76記事)



スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス