言った方がいいけれど、言えないこと。どうすれば言えるのかな。

LINEで送る
Pocket

昨日、いつものように、友人と話をした。

そいつは「言おうかどうか迷う」というので、ぼくはそれは「気にしないよ、言ってみては」と答えた。

すると、先日のぼくの振る舞いについて、少し問題があったんじゃないのか、と指摘してくれた。

それは言われればもっともなもので、わざわざ言ってもらえたことで、心に刻まれた。

 

「嫌われるかもしれない。伝えなくてもいい、けれど伝えたい 。ぼくのためだけではない。」

そういうことを伝えられる人、ぼくはありがたいと思う。

人生で、三人くらいしか、出会ったことがない。

架空の存在で言えば、ライトノベル「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」のキャラクター、由比ヶ浜結衣的なもの。

素直であり、誠実であるための勇気があると思う。

見習いたいとは思いつつも、ぼくはまだできていない。

 

言ったほうがいいのかもしれないけれど、言ったら気まずくなりそうなこと。

ぼくは、そういうことがあったときに、どうしているだろう。

どうすれば、それが言えるのだろう。

自分だけの保身を考えていたら、できないことなのだ。

今のところは、気持ちなのかなあと思う。

ぼくではない、人に向けた気持ち。ぼくではないものを大切に思う気持ち。

それが、言うための勇気になる。

 

「言わなきゃ」と、「言ったら困るのかも」の間。

そういうことで悩むことって、ありますか。

あなたの反応をお待ちしております。

木村すらいむでした。

ではまた。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス