群馬県の駄菓子屋の思い出

LINEで送る
Pocket

今回は、なくなった駄菓子屋、つぶれてしまった駄菓子屋についての話をします。

 

ぼくが覚えている駄菓子屋。

小学生のとき。ぼくは、群馬県高崎市の、比較的大きな駅があるまちの、駅の東側に住んでいました。

二つの駄菓子屋さんに、覚えがあります。

 

一つは、小見製菓。今でも、続いているお店です。

コンクリートの壁の、和菓子屋さんっぽいお店。

付近を通ると、あまーいにおい、砂糖のにおいがします。

その記憶が、小学校の頃の記憶として残っています。

小見製菓という名前にあるように、製菓、お菓子をつくって売るお店なので、今でも続いているのかなあ。

10円であめ玉三個買えますしね。

 

もう一件の駄菓子屋は、たぶん名前がなかったと思う。

小学校の校門の向かい側くらいのところにあって。

木造の一軒家の、駄菓子屋があった。

駄菓子屋らしい駄菓子屋だな、と当時も思っていました。

おばあさんがやっているお店でした。

ですが、いつの頃か正確にはわからないのですが、つぶれてしまいました。

ぼくが中学生だった、2002-2005年とかそのくらいですかね。

 

つぶれてしまった駄菓子屋。

ぼくなりに、どうしてつぶれてしまったのか考えてみようと思う。

二つの要因がある。

 

一つは、地域の環境が変わったこと。

小学校の近くに、車100台がとめられるような、大きめのスーパーができた。

新しいお菓子も売っていて、お菓子の品揃えも良かった。

子どもたちが、外を自由に歩きにくくなった。学校や親などからの指示。

寄り道しない。買い食いをしない。不必要なおこづかいを持ち歩かない。

治安の悪さとかを心配してでしょうけど、それによって外で遊びにくくなったかなあと。

 

もう一つは、中で遊ぶ子どもの娯楽が増えたこと。

小学生くらいなら、お菓子を買うのは楽しい子が多いんじゃないかなあと思います。

それでもぼくはそれほど駄菓子屋に行っていた記憶はなくて。

なんでかなあと思うと、テレビゲームがまずあった。

また、外で虫とかを捕まえて遊べる場所も少なくなってきていた。

草の生えた空き地が、埋め立てられて家、駐車場、お店に使われるようになった。

用水路など、子どもが踏み入って遊べる場所が少なくなった。

外で遊んでいる時間が減れば、やっぱり駄菓子屋さんに行く機会も減るでしょう。

 

昔ながらの駄菓子屋さんがつぶれてしまった要因。

娯楽や地域の環境の変化によって、子どもたちの時間の使い方がかわってきたから。暮らし方が変わってきたからだと思う。

 

ぼくが思うこと。

最近のぼくは、駄菓子屋的なもの、虫とり遊びのようなことをしているのかなあ。

していないんじゃないかなあ、と思って。

東京に住んでいると、整備された空間にずっと居る感じで。

外出していても、中で遊んでいるんじゃないかなあという気分になりますね。



こんなところで。

ぼくからあなたにききたいことがあります。

あなたは、どんな駄菓子屋さんを覚えていますか。

その駄菓子屋さんは、今でも残っていますか。

あなたの声を聞かせてください。

木村すらいむでした。

ではまた。

 

声で聞きたい方はこちらをどうぞ。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ