外から取り入れていけるまじめな人が好き

LINEで送る
Pocket

今回は、まじめについて考えてみます。

 

昨日、「レールの外ってこんな景色」 〜若手ブロガーから見える新しい生き方〜 というトークイベントに、行ってきました。

Tokyo Work Design Week(TWDW)という、新しい働き方にまつわる大きなイベントがあって。

ぼくが参加したのは、そのうちの一つのプログラムですね。

渋谷の道玄坂上にある ロフトワークのビルで行われて、会場は40人くらいいましたかね。

楽しく質問もさせていただきました。

登壇者の生の反応が見れるのは、トークイベント特有の楽しみですね。

 

そのイベントの説明に、次のような記述がありました。

「新しい生き方」について真剣に考える若手ブロガーによる、ど真面目な対談イベントになります。

引用元: 『レールの外ってこんな景色』〜若手ブロガーから見える新しい生き方〜 – Peatix

ど真面目。

今回のイベントでお会いした登壇者の方々は、既に他のイベントでも会っていて。

どうして会いにいきたくなるのだろうと考えると。

ぼくとしては、彼らはどこかまじめなところがある人々だなあと思っていて。

わりと、まじめな人が好きな自分がいて。

 

まじめな人の何が好きかって、意図して嘘をつかないところかなあ。

“まじめ”って、今の時代、少し良く思われていないのかなと思うことがあるけれど。

プロフェッショナルな人で、まじめの軸がない人っていないんじゃないかなあ。

 

そんなまじめな人の中で、特に良いなと思うタイプ。

まじめであることに加え、外から取り入れていける人ですね。

もう少し詳しく言えば。

人の話や経験の中から、新しい物事をみつけられる人。

それを分析して、自分の頭を中心に物事を考えられる人。

考えたことを、独りよがりにならず、人に提案することができる人。

そういう人が、ぼくは好きなんですね。

 

こんなところで。

ぼくからあなたに、聞いてもいいですか。

まじめな人って、どんな印象ですか。

今までに会ったまじめな人は、どんな感じでしたか。

あなたの声を聞かせてください。

木村すらいむでした。

ではまた。

 

この文章は音声でも聞けますよー。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス