ミーティングにおける記録者の役目は、見ているだけではない。

LINEで送る
Pocket

最近、3人から5人くらいで一つのテーマについて話しあったりすることがある。グループディスカッションと呼ばれる活動だ。

話し合いをしなければ、個々人の立場はバラバラで、全体としてうまく動かない。

そんな話し合いのとき、ぼくは議論の記録係のような立場に居ることが多い。

「記録係はこうあるべきだ」と思うところを書いてみよう。

 

話し合いの場で、誰も記録する人がいないと不思議に思う。

そうして、「記録とって後で共有した方がいいと思うので、やる人がいなかったらやります」と言ったり言わなかったりする。

一度きりの集まりなら記録は必要ない。

けれど、何度も集まって進めていくような活動なら、記録していくことは必要だろう。

ただでさえ、話し合いというのは迷走しがちなのだ。

最低でも、「何が意見としてまとまったのか」は蓄積できるようにしておきたい。

 

余談だが、リーダーと観察者は協力関係にあったほうがよい。

リーダーは、不完全な地図をもったまま、議論を掘り進めていく方向を先導する。

記録者は、その進んでいった方向を記録しながら、地図をつくる。まずい方向に進んでいると気づいたら、リーダーに提言する。

 

さて、記録する立場にどうあってほしいかについて考えてみよう。

書くことに手一杯では、記録する立場は難しい。

余裕が要る。

それぞれの立場の人に耳を傾けるための。

揃ってきた材料に疑問があったときに、それを話し合いの場へ投げ込むための。

 

記録者は、ともすれば傍観者になってしまう。

では、傍観者と記録者の違いはなんだろうか。

組織内における記録者は、傍観者のときはなかったような義務をもつのだ。

すなわち、記録を見て気づいた問題点を、共有するということだ。

 

わかりやすいところだと、進路指導の先生、みたいな立場か。

各クラスの担任は、そのクラスの生徒の様子や成績を知っている。

それに対し、進路指導の先生は、一学年全体としての成績を記録している。

何らかの援助が必要なクラスがあれば、そのクラスの担任に助言する必要があるだろう。

記録する立場の人でないと、橋を渡すようなアドバイスはやりにくい。

 

公的に記録する立場になるなら。

頭を止まらせて、トレースしていてはいけない。

受けとった声をつなぎあわせて、全体像をつくりながら。

議論の足りない点を見つけだして、全体に示していってほしい。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス