グループワークで助けがほしいなら、怒らないでありがとうを伝えよう。

LINEで送る
Pocket

グループワークでどう動けばいいか、悩むことはあるだろうか。

例えば、一部の人だけに負荷が集中して、周りは見ているだけで、フェードアウトしていく人もいる状況。

ぼくはそんなとき、付近にいる人が楽しくやれるお手伝いをしようと考えている。

 

人と一緒に活動してるとき、協力してくれてる人に対してはありがとう星人になってる。

細かい声掛けがあるかないかで、やる気持ちになるかどうかって変わるんじゃないか。

 

”こんなに頑張ってるのに、どうしてやってくれないんだ”という怒りは、わかる。

怒っていると負の循環になってやることが進まなくなるし、ぼくはそういうことでは怒らない。

 

不満の気持ちを直接言ってみたところで、言われた側はどうしようもないもの。

「走るな」じゃなくて、「歩いてね」と言い換えられるように。

どうやったら、楽しく参加できるような雰囲気が作れるかが、協働のためには大事。

 

人は個別かつこまめなフィードバックに熱中するもの。

なので、どんなに小さな貢献でも見逃さず、”ありがとう”と声をかけてみるとよい。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス