わからないことに悔しさを覚えるのは、どうしてなのだろう?

LINEで送る
Pocket

”自分にわかる話なのかを意識しながら、人の話を聞く”

これって当たり前のことだと頭の中で思っていた。

けれど、文章にして読んでみるとそうでもないな。

どうでしょう?

 

ぼくは、自分がわからないことをわかったふりをするのが苦手だ。

”わからないことはわからないのだ”と気づけなければ、いつまで経っても何も学べない。

楽でいることを理由にして、わからないでいるという選択肢を取りたくない。

わかったふりをして一時しのぎできても、きもちわるい。

 

わからないことに悔しさを覚えるのは、どうしてなのだろう?

5歳くらいの頃、割り算ゲームの計算がどうしてもわからなくて、泣いたことがあった。

昔から、自分がやろうと思ったことができないと、自分はこんなものではなくできるはずだと集中して物事に取り組む傾向がある。

興味がないことは、やっていてもやろうとはしていないので、できなかろうが気にはならない。

 

例え難しくても、本当に面白いと思うことに取り組みたい。

ただし、難しいことは、大抵やるのが面倒くさいことだ。

だから、難しくて面白いことをやれるように、ぼくには悔しさの気持ちがあるのだろう。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス