何をしたらいいか迷ったら、周りを観察しよう

LINEで送る
Pocket

この後、何をしたらいいんだっけ?ほんとうに、今やっていることがいいことなのだろうか?

そんな風に迷ったら、周りを観察しよう。

 

観察をするってどういうことかといえば、感じた驚きを確かなものとして反復することだ。

例えば、風を感じたときに、”風がつよいなあ”とひとりごとを言ってみることだ。

気に留まったことを、つぶやいてみる。

わかることを、積み立てていく。

レアだったり、面白かったりすることがあれば、それを残しておきたくなりませんか。

 

じゃあその観察が、なんの役にたつか。

無意識のうちにひとりごとを言っていることって、ありますよね。

でも、それって何の意味があるんだろうなあ。考えてみた。

 

結論から言うと、観察は何か行動をするための理由になる。

”今日は雨である。だから、普段している洗濯はやめよう”といったように。

雨であるという観察が、洗濯をしないという行動の根拠になっている。

人が習慣となっていない行動をするには、”だから”という理由が必要になる。

その”だから”ということへの根拠を与えるのが、ひとりごとや観察だ。

 

迷った、どうしたらいいんだーと考えると、思考はループしてしまう。

そんなときは、身の回りから、確かに言える気づいたことを見つけ出して、反復してみよう。

そうした観察が集まってくれば、辺りの地図のができてくる。

その地図が、何かをするための理由になって、何をすればいいか自然と見えてくるはずですよ。

地に足をつけるためには、足元を見ないとですよね、というお話でした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス