義務感で勉強しても面白くない、おもしろいことをやろう

LINEで送る
Pocket

エビングハウスの忘却曲線という言葉を見て、ふと思い出したことがあった。

覚えていない単語をひたすらメモ帳に書き溜めて、日に何回かレビューしていた頃があった。

英単語をコレクションしていく感覚。

大学受験を控えた高校3年生の頃だ。

単に覚えるだけのことを、あの頃はなぜできていたのだろう。

 

卒業が決まった頃、どうやって受験勉強をしたのかを、下級生に向けて話をする機会があった。

その頃、ぼくは話をつくる能力がなかったので、勉強の方法とかそういう表面的なことを話した。

そういう、勉強のやり方についての話をするとき、ひっかかることがある。

 

人から方法を聞いたってしかたないんじゃないのかってね。

それは既に、勉強がそこそこ楽しいものだと思っている人が参考にするものだ。

とっても効果的な方法を知ったところで、それを使いたくなる気持ちがなければ、物にならない。

 

将来のためとかいう理由で、人は動けないと思う。

少なくともぼくは動けない。

おもしろくないと思っているものに時間をかけようとするなんて、どうかしている。

 

勉強法を試すのが面白いならそれをやってみればいいし、つまらないならやらなければいい。

周囲を気にして、やらなくちゃいけないかなあみたいな気持ちで取り組んだことは、なかなか楽しくならない。

何が言いたいかっていうと、周囲の事とか気にせず、おもしろいと思えることをやってれば楽しいと思うよーってこと。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ