記憶力を鍛えたって、たかが知れている。

LINEで送る
Pocket

記憶力を上げる必要なんて、ない。

昔、ぼくは歴史の授業が苦手だった。それは記憶力がないからだと思い込んでいた。

実はそうではなく、単に歴史をどう理解すればいいかわからなかっただけなのだ。

わかってしまえば、覚えるとかいう行為をする必要はない。

もし仮に記憶力が増したって、わかっていなければ歴史についてまともに語れないだろう。

 

記憶する前に、理解しようねって自分に言い聞かせたい。

わからないのに、覚えてもしょうがないよねってこと。

宝の地図を必死に書き写したって、その意味がわからなければ意味がない。

解読できる人になってようやく、その記録は価値をもつ。

 

板書やスライドを使って、何か発表をするときに思う。

原稿を覚えざるを得なくなってるとき、すごい負けた感じがするんだよ。

あーこれ頭使って話せていないじゃんっていう。

復元してつくり出した話と、記録を読み上げる話は別物。

筆記試験や面接でも、必死に覚えて対処するのは最悪の手段だ。

 

もちろん、記録しておきたいことってある。

けど、記憶しておきたいことってあんまりない。

記憶するかどうかなんて、意図的に工夫する必要があるだろうか。

必死に覚えることより、その場で考えてわかるようにすることが大事だ。

それよりも、何も見ずに考えて理解することに、時間をかけていようと思う。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス