その話、ぼくをどこへ連れて行きたいの?

何を目指しているのかはっきりしている話が好きだ。

「この前海好きだって話してたし、海に行きましょう。道はわからないけど、さあいきましょう。」みたいな。

 

話す人を歩くこと、聞くことを付いていくことに例えてみよう。

 

ひとりごとは、”あそこに行くのが楽しい”と、案内なしに歩き出すようなものだ。

いっぱい歩いて、いろいろな場所に行ったけど、結局なにが楽しいと思って歩いたんだろうな、となってしまう。

ウロウロする歩き方もいいと思うんだけど、行く先がわからないまま歩かされるとつらい。

 

ひとりごとではなく話しかけるということは、”どこかへきみを連れて行きたいと思う”という意思表示だ。

話しかけるということは、つまり歩いてもらうお願いをするのだから、歩く理由があってほしい。

こういうところにきみを連れて行きたいから、歩いてくれないかってね。

 

面白い場所っていうのは、そうして案内があってようやくたどり着けるのだと思う。

いつでも面白い場所に案内できるとは限らない。

けど、どこかには案内できるような話の仕方をしていれば、そのうちたどり着けるかもねと思うのでした。

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(283記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(73記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(73記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
古典
全記事まとめ

(87記事)


ネット好きにおすすめ
スマホの通信制限に悩まない! 動画視聴に最適なポケットWi-Fi「UQ-WiMAX」とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス