雑多な情報から大切な一割を見つけられるようになることが、探求の出発点だ。

LINEで送る
Pocket

大学院の入試を来年迎える友人に、ぼくは何を勉強していたのか聞かれた。

範囲が広くて、何をどうやるかは人次第だろう。

ぼくが大学院入試付近で得たもの、それは基本の1割を理解することの大切さに気づいたことだ。

 

例えば、過去の入試問題を見てみる。

例えば、これまで学部の授業で習ったことを試したいと考えてみる。

とっても難しいテーマもあるけれど、その難しい部分をそぎ落としていけば、必ず基本としてもっているべき理解が見えてくる。

 

どんな物事を理解するときも、足がかりにする出発点がある。

最初の一歩を踏み間違えていたまま先に進もうとすると、疲れる上に目指す方向へ進めない。

どんな長旅も、一歩一歩からできている。

 

惑わされてはいけない、たくさんの情報に。

あらゆることを、覚えようとしたり理解しようとしたら、何が大事なのか見失ってしまう。

話せることのうち、話したいほどに大切なことなんて一割もない。

手に入れられるうちの、一割を見つけていく。

それが、一つ物事を学ぶということかなと思う。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス