プレゼンやゲームの上達のコツは、何も見ずに思い出せるようにすること。

LINEで送る
Pocket

最近、友人とスライド発表の練習をしていたりしている。

話す能力は話さないと鍛えられないよなあ。

何でもそうかな?

 

やらないと鍛えられないんだけど、やったからといって鍛えられるわけでもないっていう。

やったあとの思い出し、振り返りを取り入れていけることがだいじだよね。

再生 : 159 コメント : 6 マイリスト : 1

23:40
2015/02/02 15:46 投稿
-実況- 超連射68kをクリアしたいよ -part1-
はじめまして。超連射68kというシューティングゲームを攻略していきます。カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカ...
おつ どんまいw (木;´Д`)あぶな~~~ このゲームの大ファン 気合い やったぜ。
ゲームをしていても、そんなことを考えた。

 

覚えるという方法でも、一応の対処はできる。

覚えることは否定しないし、覚えることは大事だけれど、覚えるだけではまた忘れてしまう。

だから、何にも短期の記憶に頼らずに、いつでも手元にあるようなもので再現できるようになっておくこと。

つまり思い出せるようになっておくこと。

 

メモとかを使わないと思い出せないような所は、十分に噛み砕いて理解できていないというところ。

だから、そこは改めて考えなおさないと上手くならない。

思い出せるようになってしまえば、どんどん反省点も見つかっていくだろう。

 

最初のうちは、脳内でスムーズに再生できるところにしていくようにすれば、それだけで上達する。

思い出す作業は、体を動かさなくても、目をつむっていてもできることだ。

 

リアルタイムな動作を要求されるプレゼンやゲームの、基本的な上達法は、脳内で再現できるようにしてしまうことだ、と思うのでした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ