プレゼンやゲームの上達のコツは、何も見ずに思い出せるようにすること。

LINEで送る
Pocket

最近、友人とスライド発表の練習をしていたりしている。

話す能力は話さないと鍛えられないよなあ。

何でもそうかな?

 

やらないと鍛えられないんだけど、やったからといって鍛えられるわけでもないっていう。

やったあとの思い出し、振り返りを取り入れていけることがだいじだよね。

再生 : 0 コメント : 0 マイリスト : 0

1970/01/01 00:00 投稿

ゲームをしていても、そんなことを考えた。

 

覚えるという方法でも、一応の対処はできる。

覚えることは否定しないし、覚えることは大事だけれど、覚えるだけではまた忘れてしまう。

だから、何にも短期の記憶に頼らずに、いつでも手元にあるようなもので再現できるようになっておくこと。

つまり思い出せるようになっておくこと。

 

メモとかを使わないと思い出せないような所は、十分に噛み砕いて理解できていないというところ。

だから、そこは改めて考えなおさないと上手くならない。

思い出せるようになってしまえば、どんどん反省点も見つかっていくだろう。

 

最初のうちは、脳内でスムーズに再生できるところにしていくようにすれば、それだけで上達する。

思い出す作業は、体を動かさなくても、目をつむっていてもできることだ。

 

リアルタイムな動作を要求されるプレゼンやゲームの、基本的な上達法は、脳内で再現できるようにしてしまうことだ、と思うのでした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス