検索しても納得できる回答が出てこないとき、どうしますか。

LINEで送る
Pocket

シャンプー、何のために使っているのか、イマイチわかっていない。

水洗いだけだとどうなるのかを知らない。

「シャンプー 成分」で調べてみても、成分比較をしてシャンプーを薦めるサイトばかりが出てくる。

いくつかページを飛ぶ中で共通していた、「頭皮の洗浄をしないと、結果として髪が痛む、だから頭皮の洗浄のためにはシャンプーが必要」という論理には納得がいった。

 

うんうん、なるほどファッションなんだ、シャンプーって。

清潔感とか言う言葉が入り込んだりはするけれど。

手洗いのための石鹸とは、少し狙いが違うんだな。

 

この世界の大抵のことは、ちょっと踏み込めばすぐにわからなくなる。

「シャンプー 成分」で調べてみても、シャンプーは何のために使っているのかについての答えにはすぐにたどり着けない。

調べて出てくる答えには、限界がある。自分が何を求めているかがわからない限り。

 

また、「シャンプーは何のために使っているのか」と検索をかけてみても、それらしいことを考えた文章は出てこない。

調べたいことがわかったとしても、それは簡単に手に入る情報として広まっていないような物事かもしれないのだ。

 

調べることをおろそかにするつもりはない。テーマを決めて、文献や資料をささっと調査してまとめる能力は大事だ。

ただし、それだけでは手に入らないものがある。

検索しても出てこないような、自分にとっての答え。それを与えてくれるのは、ただ自分の考えだけだ。

 

「シャンプーはファッションである」というのは、それほど客観的な意見ではないかもしれない。

それでも、自分が納得した瞬間というのは、他の誰の意見にも左右されず満足できるものだと思った。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ