失敗して悔しいときは、その失敗から学べることを見つけよう。

LINEで送る
Pocket

「人生に無駄な時間はない。」という体験をした。

 

今日は休日だったので、家にある本をスキャンしていた。(参考:本を読みますか?パソコンを使いますか?もしそうなら、本をデータ化すると気持ちいいですよ。

3時間経って、そろそろ飽きてきたなあと思った頃、気づいた。

思っていたより本が減っていない。

文庫本から手をつけるのがよいだろうと作業効率を優先した結果、スキャンしたかった本が一切スキャンされていなかった。

 

正直、3時間をかけてまで文庫本はスキャンしなくて良かったと思うように価値観が変わった。

これまでの3時間は何だったのだ。

時間を無駄にした。頭悪かったなあと悔やんだ。

 

待てよ、と少し冷静になってみると、時間を使わなければ得られなかったことを得ていた。

安い本ならば、また買えばいいのだ。

しょっちゅう読み返さない本ならば、また買えばいいのだ。

1冊10分くらいかかるスキャン、その10分をもつことと、本を再び購入することとを比べてみればわかる。

スキャンせずに処分してしまっていい本ってほとんどなんだ、ということを。

 

失敗した時は、悔しい気持ちでいっぱいになるときになる。

その悔しいという気持ちは、もっと賢ければなんとかできたという気持ちだ。

だから、そんな気持ちを晴らしたいときは、その失敗によって何かを体験を通じて学ぶことができたんじゃないか、と考えることだ。

最初からよくわかっていることなら、たとえ失敗したとしてもあまり悔しくない。

悔しいなと思うときは、その気持ちを学ぶことに向けると、意味があったんだなと思えるようになるだろう。

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ