人から反応がもらえるようなことは、「やりがい」になる。

LINEで送る
Pocket

仕事の「やりがい」という言葉を聞くことがある。

抽象的な言葉だ。ぼくにとっては、そのままではなんだかよくわからない。

少し考えてみる。

「やりがい」のうちの一つは、人から反応をもらえる、ということではないか。

 

どのようにして、そう考えるに至ったか。

ぼくは、人が何を根本のモチベーションとして生きているのか、普段から気になって仕方がない性格だ。

かといって、出会い頭にいきなりその話題を切り出しても、伝わらない。

そんなときは、具体的に「仕事をしていておもしろいのは、どんなときですか?」と聞いてみる。

そんな中で、ある程度共通する答えのようなものがあった。

 

「自分の仕事によって、お客さんに喜んでいただけた」

「あこがれの人から、批判込みで細かくコメントをいただけた」

たとえ、ネガティブな反応であっても、反応がないのに比べれば刺激になる。

仕事という行為の結果や成果物に、人から反応があるということは、仕事の基本的な面白さなのだろう。

 

人から反応があってようやく、自分のしたことの意味というのが気持ちとして実感できる、ということは往々にしてある。

ぼくも、久しぶりにあった知人から、このブログについてコメントをいただけることがあって、そのときは、まさか読んでいるとは思っていなかったので驚いてしまう。

後になってこっそりそのことを何度か思い出したりして、そのときに反応があったことが嬉しいことに気づく。

 

ぼくは、何をしているのが面白いのか、わからなくて考えていたりすることがある。

じゃあ、人は、どんなことをしたときにおもしろいと思うものなのか?

ざっくりとだが一つ選ぶとすれば、すぐに反応が返ってくるようなことだ、と思うのでした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ