わかりやすい話をつくるなら、まず自分自身が深く理解することだ。

LINEで送る
Pocket

スライド、講演会、記事、口頭発表、イベント。

じっくりと話を練って話をするときに、わかりやすい話をするにはどうすればよいだろうか。

 

わかりやすい話をするなら、まず話をする人が、話したいことについてよく理解することだ。

 

わかりやすい話は、読者を想定して、受け入れやすい順番で事実や主張を伝えていく。

だからといって、話を組み立てる段階で曖昧な言葉を用いていたら、ぼんやりとした話しかできない。

理解しているからこそ、何が重要で伝えたいことなのかわかるし、深い部分までわかっているからこそ、何を意図的に説明せず、何をゆっくりと説明するのかが決められる。

何が必要な話で、何が必要ではない話なのかというのは、話の元ネタを理解してからようやく判別することができるようになる。

 

話のどの部分を大事だと思っているかが整理された人の話は、わかりやすい。

わかりやすいということは、重要な部分に重点が置かれているということだ。

大事だと思う部分、つまり、伝えたいことがはっきりしていれば、どんな話をすればいいか明確になるだろう。

 

わかりやすい話をしたいならば、全体を深く理解して重要な部分を見つけ出そう、という話でした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス