受動的な自分をやめたい

LINEで送る
Pocket

ぼくがおもしろいと思う人は行動している。

好きなものがあって、それを選んでいる。

知識をもって、語る。

物事を主体的に考えている。

 

そんな人がぼくはうらやましい。

キラリと輝く星を見て、遠くから綺麗だなと眺めているだけだ。

与えられることに慣れきっていて、「やること」を他人から与えてほしいと思っている。

人に何かを与えよう、という視点が欠けている。

 

小さいころの自分から今まで振り返ってみると、「やること」を他人や環境に任せっきりな傾向がある。

小学生の頃は面白さがわからなくてつらかったにもかかわらず、クラブ活動を4年ほど続けていた。面白さを見出そうという視点はなかった。

人付き合いについてもそうで、友人だと思う人や面白いと思う人の定義すらはっきりしないまま、人付き合いを避けていた。

誰もやらないならやるよ、ということは今でもよくある。あまり良くない行動の仕方だと思う。

 

受動的な自分をやめたい、最近ずっとそんなことが頭の中でウロウロしている。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス