つらいことは、言葉にすることで柔らいでいく。

LINEで送る
Pocket

失敗したことを、つい人に話したくなってしまうことはないだろうか。

逆に、後悔していることを話したいのに、話せないという経験をしたことはあるだろうか。

つらいことは、声に出したり、文章にして説明すると、楽になる。

 

6年間抱えていた悩みを解決したきっかけは、言葉だった

ぼくは、大学に入ってから、昔両親が離婚したことを自分はどうすることができなかったのか、ということに悩んでいることに気づいた。

そのことについて話すことのできる友人に打ち明けたり、文章を書いて考えることで、そのつらさはだんだんと解消されていき、今できることができるようになっていった。

なぜ、言葉にすることで気持ちが和らぐのか、本当のところはわからない。

自分だけのつらさではなくなる、からだろうか。

個人的な悩みは、外へと打ち明けることで、自分だけの悩みではなくなる。

 

こんがらがった問題が解きほぐされてゆく

声に出して伝えたり、文章にすることや、悩むことに、何の意味があるのか、と思うことはある。

元々の問題の、何の解決にならないではないか、と。

だが、そもそも問題とは、客観的にあるものではなく、自分自身がそれを問題として捉えている、大事にしているということにすぎなかったりする。

当たり前だと思っている気持ちに気づくこと。

そこから、問題は解きほぐされてゆくのだろう。

 

頼れるものがなければ、言葉に頼ろう

もし、あなたが何かに悩んでいたら、言葉にしてみるという手段を試してみて欲しい。

 

不適切な人に伝わらない限り、外に放出するのは良いことだ。

何かつらいことが、自分に原因があると思っている時、それは人に伝えづらい。

恥ずかしいし、自分の責任を追求されるんじゃないかという恐怖があるから。

 

言葉にすることに慣れていないならば、それができるような環境を見つけて動いてみよう。

「友達をつくろう」とか、言葉にする勇気を持とう、とは言わない。

それはぼくにとって厳しい言葉だった。

ぼくが今こうして文章を書いているのは、話のあう人が多い大学に入ったからだし、一人暮らしという環境があったからだし、Twitter という手段があったからなのだ。

 

どうすることもできないつらさは、ない。

日記でも、Twitterでも、ブログでも、メモ帳でも、人と話すことでも、どんな方法でもいい。

言葉にできれば、それは柔らいでいくのだ。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス