「動機は何ですか?」に答えやすくなる考え方

LINEで送る
Pocket

動機は何ですか。志望動機は何ですか。犯行動機は何ですか。

どうして、それをすることを望むのか。

こうした質問に答えるのに時間がかかるので、少し考えてみました。

 

動機=行動のもとになる気持ち

そもそも、動機とは何だろうか。次のように定義してみよう。

動機とは、行動のもととなる経験や気持ち、判断のこと。また、それらをもつに至った経緯のこと。

例えば、次のようなものです。

社員の人柄に憧れた(動機)。だから、入社を希望している。

隣の家の騒音がうるさくて、むしゃくしゃしていた(動機)。だから、犯行に至った。

 

どんな行動にも動機はある

何かをすれば、そこに必ず動機があります。

「雨が降りはじめて、干していた洗濯物を取り込む。」

そういったときは、動機は明白です。干していたのは乾かすためだし、洗濯物を雨に晒したらそれは叶えられない。

では、学ぶことの動機はなんだろうと聞かれて、すぐに答えられるでしょうか。

生きることの目的はなんだろうと聞かれたら、どうでしょうか。

なかなか答えにくいですね。

 

具体的な体験とそこで湧き上がる気持ち

「学ぶことの動機はなんですか」という質問を例に、動機を聞かれた時の答え方を考えてみます。

まず、学ぶという行為が範囲が広いので、何か自分が体験したことのある例をもってきます。

「例えば、バス乗車に遅刻したことから、ぼくは学びました。」

そうしたら、そのときどんな気持ちだったか考えます。そこが出れば、話は繋がる。

「辛かったのです。バスの代わりに、満員電車に乗らなければならなかったから。だから、遅刻しない方法を学びました。」

 

動機を考えるには、自分が何か体験したことと、そのときの気持ちを考えれば良いのです。

エピソードと、感情のペアが基本。

「どうしてそれをしようと思ったの?」という質問に、答えやすくなりました?

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス