好きなものを好きになろう。

LINEで送る
Pocket

好きなものについて人に語りたい!

この人の作る作品はすごく好きだ!そんなありがたいものを提供してくれる人を、自分も応援したい!

そんな風に考えることはありませんか。

応援したいと思う心、ファン心について今日は考えてみました。

 

その人抜きでは成り立たないものに惚れる

例えば、僕が「NHK 高校講座」を紹介する記事を書いたのは、生物基礎の講座、いや、東京アヴァンギャルドの二人が好きになってしまったからです。

二人がいなければ、その生物基礎の講座を見続けていたかどうかわかりません。それだけ、その二人の存在はユニークだと思っているのです。

かけがえのない人。代わりのいない人。

難しく言えば、属人性を帯びたことをする人。個性に正直であって、ありのままの自分に恥を感じない人。

僕はそんな人に憧れます。

 

恋心は人を突き動かす

そんな風に人を好きになると、何もせずにはいられないでしょう。

もっと知りたい。その人の他の作品にあたってみよう。ブログなどでオススメしていた本を読んでみようかな。

もっと応援したい。ブログを書いて人に紹介してみようかな。お話がしたいな。近づきたいな。

そんな風に思うでしょう。思わないですか?

ここまで書いてみて思いましたが、大げさに書いたにせよちょっと気持ち悪いですね。

そんな自分でも気持ち悪いと思うくらいに、ファン心は僕を駆り立てます。

ファン心は恋心と言えるのかもしれません。

 

好きなものに向かいあえると人生楽しい

好きなアニメがあったら、次回まで楽しみで待ちきれませんよね。

好きな人の存在や、素敵な作品の作品は、生きる楽しみになります。

なんだか退屈だなあと思いながら生きる人生よりは、何かハマれるものがあったほうが楽しいです。ハマれることがなければ、ハマれないことにハマるのも良いのでしょう。

僕は好きだと思うことに真正面からぶつかりあう人が好きです。好きなものに正直になりましょう。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス