動く歩道に乗せられて

LINEで送る
Pocket

動く歩道。それはエスカレーターを平らにしたもので、駅の長い通路にまれにある。東京駅とか恵比寿駅とか。

動く歩道の隣には普通の歩道、「動かない歩道」がある。そう見てしまうと、動く歩道には乗らざるを得ない。目の前に効率のよい方法とそうでない方法があると、比較して楽な方を選んでしまう。

動く歩道に乗ると、歩きたくなってしまう。そのまま歩かずにいると、動かない歩道を歩くよりは遅い。そう思うと、動く歩道の上でも歩いてしまう。楽しようとする気持ちは忘れられ、自分が「選んだ」パフォーマンスの良い道を歩いてしまう。

このように、楽をするために技術を選んだつもりが、いつの間にか選ばされてしまっていることって、身の回りを振り返ってみると結構あるんじゃないか。目先の楽を選んでいるつもりなのに、実はあんまり楽をできていない。どうしてこうなってしまうのだろうね。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス