リアルタイムな対処が苦手な人は、言葉を使って準備をしよう。

LINEで送る
Pocket

僕は、行き当たりばったりの判断が求められる作業が好きです。だけれど、苦手です。

唐突に話をふられたり、説明を求められるとわかりやすく話せなかったりすることが多いのです。

だからこそ、その弱点を克服するような考え方で、苦手をカバーしようと思っています。

 

車の運転方法も言語にすれば、混乱しないで済むよ

より具体的にどうしているのか?

例えば、車の運転ってリアルタイムでの応答が求められますよね。

ぼくは自動車の免許を取るときに、次のような方法で車の運転法を言語化しました。

 

1. まずは、向かい合いたい課題のタイトルをつけたノートを Evernote で作る。

2. 使えそうな情報、知っている知識やトピックを、制限なく書き出す。

3. 2.で集まった情報を整理して、余分なものを削除する。自分が理解できるように、丁寧に実行方法を並べる。

 

できあがったノートはこんなかんじです。

Screen Shot 2015-04-09 at 11.14.35 PM

少し時間が空いても、このノートを見返せば要点が思い出せるので、とても便利です。

脳内シミュレーションができるので、安心できます。

数学のゼミをする前にというノートもしっかりまとめたので、書き方の参考にして頂ければ。

 

新しい物事を飲み込んだりするのに時間がかかる。

咄嗟の返しが苦手で上手く返せない。

そんな方は、言葉を使ってやることを整理して準備をしておくといいですよ。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス