リアルにはネットをもっと面白くしていく力がある

LINEで送る
Pocket

インターネットの奥深くにあるような内輪のやりとりも、ベースにあるのはリアルであって、リアルが様々な形でインターネットに取り込まれることでネットもリアルも豊かになっていくと思っている。

にちゃんねるの大学生活板で発生したリア充という言葉はその例だ。リアルが充実している大学生に溶け込めずにいる性格の人がネットでにちゃんねるを見ていることによって生まれた言葉だ。リアルに対するカウンター意識を持った人がネットをやって、リアルをネットに持ち込んだものだ。

中学生から高校生の頃(2003-2009年)、ネットを利用している人が同世代に増えてきて、人付き合いの苦手な人だけがいる場所であるネットが奪われてしまうのではないかと思っていたことがあった。インターネットがマス向けのコンテンツしか残らないのではないかという恐怖があった。

今思うと、それは見当違いの感覚だ。利用者が増えることで、実生活にネットは影響を及ぼすまでになり、ますますネットをすることは面白くなっていった。SNSを通して、実世界での知り合いが考えていることが一瞬で共有できるような時代を迎えた。

これからも、人間の面白さがネットに溶け出していくことだろう。目と目を合わせて行う人とのやりとりの面白さが失われることはないが、もっともっと、実世界の会話やコミュニケーションの面白さがネットに進出していけば面白いだろうなあ。まだまだ、ネットには載せられていないリアルの面白さはたくさんある。ただ短期的に、そう思うのでした。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ