東方Project原作の魅力は、弾幕、音楽、世界観の3つだ

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

僕が10数年来愛しているゲーム・東方Projectの魅力について、弾幕、音楽、世界観という3つの観点から整理したいと思います。

 

スポンサードリンク

10秒でわかる東方Project

画像引用:上海アリス幻樂団

少女が弾幕で戦う一人用シューティングゲーム。制作は個人サークル上海アリス幻樂団(しゃんはいありすげんがくだん)のZUN

 

東方Projectの魅力を分解する

東方原作の魅力は、弾幕、音楽、世界観の3つです。これらの特徴を示す具体的なキーワードを取り出していきましょう。

二次創作もその魅力のひとつですけれども、今回は言及しません。二次創作が豊かになる要素は、原作にあり。

 

弾幕

画像引用:東方紅魔郷

弾幕美。これはゲームをプレイしなくても、動画を見るだけでもわかります。東方の弾幕はカラフルであり、それが動いていく様子は万華鏡のようです。放射状に発射される弾は、バラバラではなく規則的に動き、幾何学模様を描きます。

東方は、パターンゲーと言われます。敵の弾幕には順番とルール(パターン)がある。一定の周期で繰り返される弾幕は、調和と美を生み出しています。それと同時に、攻略の糸口もまたパターンです。最初は避け方がわからなくても(初見殺し)、覚えゲーの面があるので誰でもクリアしやすくなっています

 

音楽

(ゲーム)音楽を聞かせるためにゲームを作り始めたと原作者が述べるほど、音楽に力が入れられています。

単純に「ゲームが作りたい」ってのはあったんですけど,それよりも,音楽を作りたかったてのがあるんですよ。ゲームミュージックを作りたくて,仕事にもしてみたかったんです。

引用:「東方」制作者インタビュー – 4gamer.net

音楽への力の入れようは、ひとつの作品に収録されている楽曲数(だいたい15曲)を見れば明らかです。一つひとつのステージに異なるBGM、キャラクターすべてにBGMがあります。またミュージックルームがタイトル画面に用意されていて、その一つひとつにコメントが用意されています。

東方の楽曲は、メロディアスであると言われます。ピアノとトランペットを中心とした主旋律がはっきりとあり、数分という短いループで繰り返されます。僕は、サビの中毒性から東方音楽に入っていきました。特にWin版3部作ではサビにトランペットがよく使われ、その音色はZUNペットとして愛され・研究されました。(参考:ZUNの音源を再現するスレ@wiki

画像引用:【東方ピアノ楽譜】ボーダーオブライフ

また、16分・32分音符が乱打する発狂ピアノと呼ばれる高速旋律も特徴的。(ピアノではありませんが)「亡き王女の為のセプテット」のサビ後半、「ボーダーオブライフ」開幕とサビ後半、「プレインエイジア」のBメロディなど。普通のボーカル曲では見られない過激な音符使いが、ゲーム音楽らしさを際立たせます。

 

世界観

東方の二次創作が盛り上がる理由のひとつには、「幻想」をテーマにした世界観があります。

舞台は、幻想郷(げんそうきょう)。日本の人里から離れた山奥のイメージ。僕たちが生きる現実・現代から忘れられた存在、すなわち幻想となった巫女のような人間妖怪や魔法が存在する世界です。幻想郷は「外の世界」と結界により隔離されていて、住民のみぞ知る世界。だからこそ、外の世界の人物が幻想郷に行くことを幻想入りと呼び、東方の世界を楽しむ二次創作が大量に生まれています。モチーフは日本ですが、いわゆる和風のみのゲームではありません。サークルタイトルに含まれるアリスのように、和洋折衷のテイストが中心です。

また、ゲーム中に出てくるキャラクターは女の子、それも少女です。戦闘機のようなテクノロジーや力で解決する男性は登場しません。弾幕はパワーだけでなく、その美しさも評価されます。製作者の手にかかれば、吸血鬼や幽霊はもちろん、神様や聖徳太子も少女化・萌えキャラ化してしまいます。ファッションは少女趣味で、フリルが多い傾向にあります。また、多くのキャラクターが特徴的な帽子をかぶっていて、それにはZUN帽という名前が与えられるほどです。

キャラクター一人ひとりには、「〜する程度の能力」という形式の能力があります。巫女の博麗霊夢は「空を飛ぶ程度の能力」、氷の妖精チルノは「冷気を操る程度の能力」とわかりやすいですが、吸血鬼レミリア・スカーレットの「運命を操る程度の能力」のように、どうとでも解釈できる能力もあります。

画像引用:東方紅魔郷

ゲームのストーリーは、異変の解決です。幻想郷で困ったことが起こったぞ、敵をやっつけて解決しよう、という筋書きが基本。例えば、紅魔郷なら紅い霧が幻想郷中に立ち込める、妖々夢なら春がやって来ない、永夜抄なら夜が永遠に明けない、といったように、1作品に1つ異変が対応しています。喧嘩を終えたら、盃を交わして仲良くなるハッピーエンド。超会議では超ZUNビールというブースができるほど、作者もキャラも好き。

 

弾幕×音楽

弾幕と音楽のシンクロには、思わず鳥肌が立つこともあります。

ステージの進行と、曲の進行はマッチしています。特に、各作品とも、5面中ボスの出現とBGMのサビ対応は素晴らしい。

画像引用:東方妖々夢

道中の曲が1ループが終わると同時に、敵の攻撃も止みボスが登場します。ボス戦もだいたい1-2ループを区切りに戦闘が終わる程度のBGMの長さとなっています。曲に合わせてステージが作られている、それだけ曲の比率は高い、と言っても過言ではないでしょう。

 

弾幕×世界観

少女たちが美しい弾幕を使うのには、理由があります。それがスペルカードルール

スペルカードは、言わば弾幕の必殺技。名前と特徴があり、宣言をすることで発動することができます。符名「カード名」という名前の形式が一般的。例えば次の画像は、金&水符「マーキュリポイズン」。

引用:東方紅魔郷

スペルカードルールは、人間と妖怪が安全に戦うために制定されたもの。本気を出して「殺し合い」になるのは、お互い避けたい(例えば隙間のない弾幕を作れば相手は倒せるけれど、そこに美学はない)。そこで決闘・スポーツとして、遊びとして弾幕を使うことを決めたわけです。これが紅魔郷では、弾幕ごっこと形容されます。このごっこ遊びの感覚が、シューティングゲームから殺伐さを減らしています。プレイヤーサイドの人間、敵サイドの妖怪、人間と妖怪の調和は、東方のテーマのひとつでもあります。

スペルカードには、使用者の創意工夫がこもっています。氷の妖精は氷のスペルカードを、魔法使いは魔法を、人形使いは人形を使いますし、時間停止させるスペルカードもあります。頭の悪い妖精の使うスペルには、全く攻撃の当たらない場所(安置)があるように、スペルカードからキャラクターの個性が見えてきます

登場するスペルカードの名前やキャラクター(妖怪)には、何かしらの元ネタがあることが多いです。「東方元ネタwiki」があるように、

 

音楽×世界観

東方の音楽は、ステージの情景とプレイヤーの心理状態(焦りや落ち着き)をイメージさせるものであり、ボス戦ではキャラクターの個性を見せています。

例えば、「月時計~ルナ・ダイアル」は、東方の曲の中では珍しくロック調。これは時を操るキャラクター(十六夜咲夜)の性格の激しさをよく表しています。「幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble」は、三姉妹の幽霊がそれぞれの楽器、バイオリン、トランペット、キーボードを使っていることに合わせ、3つの旋律が入り乱れます。

タイトル画面のテーマでは、作品によってアレンジはあれど、同じ旋律が使われています。これは東方をイメージした旋律と言えるでしょう。いつもの。(音楽CD「幺樂団の歴史5 ~ Akyu’s Untouched Score vol.5」に収録された曲「テーマ・オブ・イースタンストーリー」としても使われている。)

画像引用:上海音楽室

ゲーム以外で「音楽×世界観」を体現しているのは、音楽CD「秘封倶楽部(ひふうくらぶ)」。ボーカル曲はないので歌詞カードはありませんが、代わりにストーリーブックレットがついています。幻想郷の外の世界に住む二人の少女の物語に合わせ、曲が展開していくわけです。イラストはついていませんが、曲を聴きながら物語を読むと、光景が浮かんでくる感じがして楽しいです。

 

弾幕×音楽×世界観

いろいろ要素を分離してお話ししてきましたが、これらがセットで味わえるのがゲームです。無料の体験版が配布されているので、プレイして味わってみてください。

 

いろいろキーワードは出てきましたが、重要なところをまとめると……

  • 弾幕 スペルカードシステムにもとづいた美しい弾幕
  • 音楽 音楽のために作られたゲーム、中毒になるメロディ
  • 世界観 幻想郷という和洋折衷のファンタジー世界で、人間と妖怪の少女が異変をめぐり争う

あたりでしょうか。この記事をもとに、東方の魅力がコンパクトに伝えられるようになりたいですね。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

スポンサードリンク

こちらもおすすめ

東方プレイヤー 水性すらいむ(Slime)について。

ダンシング☆おにぎりと東方アレンジ 僕と東方Projectとの出会いその1

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(283記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(73記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(41記事)
Twitter
(73記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
古典
全記事まとめ

(87記事)


ネット好きにおすすめ
スマホの通信制限に悩まない! 動画視聴に最適なポケットWi-Fi「UQ-WiMAX」とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス