「初音ミク」とニコニコ動画の関係 どのように流行っていったか?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 初音ミク。ニコニコ動画発で、これほど有名になったキャラクターは他にいないのではないでしょうか。 彼女がニコニコ動画で人気を集めていたからこそ、様々なボーカロイド曲が作られ、ボイスロイドも発展してゆきました。 そもそも、初音ミクはニコニコ動画とどのような関係にあるのでしょうか? それを知るために、初音ミクがどのように発掘され、流行っていったかを調べてみます。   初音ミクとは? 初音ミクは、クリプトン社から2007年8月31日に発売された音声合成ソフトであり、バーチャルアイドルです。 彼女は、声優の藤田咲(ふじた さき)さんの声素材をもとに、あらゆるセリフを読み上げ、さまざまな歌を歌わせることができます。 このようなボーカル機能を持ったバーチャルアイドルは、VOCALOID(ボーカロイド=ボーカル+アンドロイド)と呼ばれます。 バーチャルアイドルとはどういうことかというと、人間ではないけれど、外見イラストがあって、プロフィールがあるということです。 例えば、青緑の髪、年齢は16歳で、158cm42kgという身体的な特徴もありますし、「アイドルポップス/ダンス系ポップス」が得意なジャンルで、得意なテンポ(70~150BPM)や得意な音域(A3~E5)までありますね。 初音ミクは最初に発売されたボーカロイドではありません。例えば、MEIKO(メイコ)やKAITO(カイト)は、それぞれ2004年11月、2006年2月に発売していますね。 それでも、初音ミクは一番最初に流行ったボーカロイドと言えるでしょう。それには、ニコニコ動画(γ)が始まって流行りだしたことが大きく影響しているのです。   初音ミク・初期の人気動画 発売前後 発売前日にアップロードされた「ボーカロイド 初音ミク デモソング」は、ボーカロイドという存……


記事を読む →

ニコ動電波ソングの原点「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」の元ネタ・流行った理由


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ニコニコ動画で一番最初に流行った動画と言っても過言ではない曲、「魔理沙は大変な盗んでいきました」。 その音楽と映像をアレンジした「魔理沙は大変な盗んでいきました」シリーズも流行り、10万再生以上の動画が100作品以上作られています。 あまりに派生作品が広がりすぎていて、知名度があるわりに元ネタを知らない人も多いのではないでしょうか? この記事では、元ネタ、流行った理由を解説したいと思います。   「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」とは? 画像引用:「東方乙女囃子」特設ページ – InternetArchive 「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」は、同人音楽サークルイオシス(IOSYS)が2006年にリリースしたCD「東方乙女囃子(とうほうおとめばやし)」に収録されている曲です。 同人音楽サークルとは、普通のCDショップ(既存の商業ルート)を通さずに、コミックマーケットや同人ショップを通じて販売しているグループのことですね。 例えば、「東方乙女囃子」はメロンブックスなどの同人ショップで買うことができます。公式ホームページでも、作品の購入方法が説明されています。わざわざ解説ページがあるくらいですから、同人文化に馴染みがない人には買いづらいのかもしれませんね。   イオシスとは? そもそもイオシスは、1998年から活動する(比較的)古参の音楽サークルです。ファミコンなどゲームソングのアレンジ、「逝ってョCDテラワロス」などのにちゃんねるネタや、電波ソングを得意としていました。 画像引用:イオシス – InternetArchive そのサークルが、当時のネットで流行りつつあった東方Projectというゲームのアレンジを手がけた結果が「東方乙女囃子」なのです。 「魔理沙は大変なも……


記事を読む →

ニコニコ動画初期(2007年、(仮)〜(β))の話をしよう 空耳コメントの面白さ


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕は、ニコニコ動画のランキングを毎日チェックする程度にはニコニコ動画が好きです。 今回は、僕が2007年頃にニコニコ動画と出会った時の思い出を書きたいと思います。初期のニコニコの話がしたい!   ニコニコ動画(仮)の思い出 時は2007年。僕が中3から高1になる頃に、ニコニコ動画(仮)に出会った。当時のサイトは、ニコニコ動画(仮) – InternetArchiveから見れる。 画像引用:ニコニコ動画(仮) – InternetArchive インターネットの動画作品といえば、フラッシュでした。FLASH黄金時代という言葉があるくらいです。僕はニコニコ動画(仮)を通して、動画共有サイトYoutubeを知りました。 2016年現在、Youtubeはすっかり日本でも浸透しているが、当時は海外のサイトという認識だったと思います。検索エンジンのシェアが、今はGoogleだが、昔はYahoo!だったのと同様です。 参考:ダンシング☆おにぎりと東方アレンジ 僕と東方Projectとの出会いその1 参考:ニコニコ動画と2ちゃんねる(前篇・上) 〜 (仮)時代に見るニコ動ユーザーのルーツ – あまたの何かしら。 ニコニコ動画(仮)は、現在の基準からするとかなりグレーなことをやっていました。 現在のように自前のサーバにアップされたコンテンツにコメントを乗せるのではなく、Youtubeなど他サイトがアップした動画を引っ張ってきてコメントを載せていたのです。 ネット全体が商業化されておらず、アングラっぽい雰囲気があったのがよくわかりますね。 正直、この頃に何の動画を見たのか覚えていません。コメントはしてみたが、特に面白かった記憶もない。まさかこの後、そんなに流行するとは思わなかったなあ。   ……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス