フィードリーダー・Feedlyの再カテゴリ分けの方法

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

僕は6年ほど前から、ブログなどのフィードリーダーに登録して読んでいます。好きなブログはこちら。参考:自分のアドレスをもった「孤立系ブログ」が面白い。

おすすめのフィードリーダーは、Feedlyです。

スクリーンショット 2016-08-03 午後3.47.32

スポンサードリンク

フィードリーダーを整理する方法 カテゴリ分けの使い方

何も考えずにフィードを追加していると、リーダーが多様なフィードで溢れかえって、読む気が失せてしまします。読むためにリーダーを導入したのも、それを読めなくしてしまうのも、どちらも自分であるという矛盾が面白いですね(笑)。

登録しているフィードを整理する機能として、各フィードを自分で名前をつけたカテゴリに分類できる機能があります。カテゴリ分けを活用すれば,フィードのごった煮を解決することができるでしょう。

とはいっても、フィードリーダーに慣れないうちから上手に分類をするのは難しいです。なぜか。一つのフィードで多様な話題を扱っていることがあるからです。スポーツ、社会、科学のように、内容でカテゴリ化するのが難しい。試行錯誤が必要です。

 

リカテゴライズで使いやすくしよう

実際、僕は内容でカテゴライズしようとしていて、その結果、「思考」というカテゴリに属しているフィードが増えすぎて、フィードリーダーを何となく利用しづらくなっていきました。

Screen Shot 2014-08-10 at 7.06.24 PM

(画像中の ∞ という記号は、未読が1000件を超えていることを表しています。悪いカテゴリ分けであることが明らか。)

そこで今回は、カテゴライズの再編成、リカテゴライズをしました。もともと感じていた使いにくさに対する不満と、友人のフィードリーダーの使い方を聞いたことがきっかけです。

Screen Shot 2014-08-10 at 7.06.32 PM

 

スポンサードリンク

リカテゴライズのコツ 統一感を想定する

新しいカテゴリ分けでは、自分がフィードをどのように見ているかに応じて名前をつけた。娯楽として読みたいものは Contents へ、その人の物の見方に注目したいものは Observation へ、議論の中身に注目したいものは Consideration へ、といったように。自分目線を大事にし、客観的な目線を排除しました。書いている人の立場や、書いている内容に応じて分類していると、カテゴリごとの読んでいるときの統一感が失われてしまいます。

こうして分類してみるまで気づきませんでしたが、新聞やテレビ,ラジオなどの既に受け入れられているメディアのカテゴリには、想定された統一感があります。

フィードリーダーでは、素人のユーザーが自分でカテゴリ分けしなければならない。

そうなると、利用するときの統一感のことを忘れて、分類のしやすさだけで分類をしてしまう可能性があります。もちろん分類しやすいカテゴリ分けをすることも大事なのですが、それだけを考えているとカテゴリ毎の一貫性を損なって、読みづらくなる可能性があることに注意したい。「登録する時の分類しやすさ」だけではなくて、「読むときにどうやって読み分けるか?」を大事にしましょう。

 

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(270記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(36記事)
Twitter
(70記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(21記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(36記事)
Twitter
(70記事)
にちゃんねる・ふたば
(36記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(21記事)
古典
全記事まとめ

(81記事)


ネット好きにおすすめ
スマホの通信制限に悩まない! 動画視聴に最適なポケットWi-Fi「UQ-WiMAX」とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス