大量リツイートに「お前有名人じゃんw」リプライ 初出・元ネタは?

LINEで送る
Pocket

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

最近、Twitterでリツイート数の多いツイート(バズツイート)のリプライ欄を見ていると、「お前有名人じゃんw」「通知とまらない(笑)」という文章をみることが増えました。

一度や二度ならたまたまかと思うのですが、それどころではない数に増殖していて、本気ではなくネタとして流行っているのだなと感じます。

そこで、いつからこのような流行があるのか、初出・元ネタを調べてみました。

 

スポンサードリンク

「お前有名人じゃんw」の初出は?

僕が調べた範囲での初出は、2015年8月のツイートでした。

正直なところ、この手の自然発生しそうな表現は、探せばきりがないと思います。

ただし、傾向として2015年頃からこの手の「有名人」という言葉の使い方が増えていますね。

つまり、テレビで有名な人・芸能人を指す有名人ではなく、ネットで一気に注目されてもはや有名人レベル、という意味での有名人です。

いわゆるDQN・マイルドヤンキーなど、仲間内でコミュニケーションを取るためにTwitterを使っている人ほど、ネット「有名人」の基準がゆるいのでは、という指摘も昔からありましたね。

「有名人じゃんw」ツイートを嫌う声も、2015年からありました。つまり、嫌う程度には使われていたということです。

 

スポンサードリンク

「お前有名人じゃんw」拡散のきっかけ

さて、2017年になって「お前有名人じゃんw」ネタが拡散したきっかけはなんだったのでしょうか。

「お前有名人じゃんw」がネタとして伸び始めたのは、4月頃からです。

特に、からめるさんと、絡めるさんのやりとりが伸びています。この二人は、おそらくは同一人物、つまり自作自演でのネタですね。

3月時点でも「お前有名人じゃんw」ネタをやっていますが、まるで伸びていないのがわかります。

 

そして、からめる・絡めるペアに続いて、5月からネタが増殖していきました。

5月16日には、10万リツイートされたツイートに対して、再びからめる・絡めるペアが「お前有名人じゃんw」ネタをやってますね。彼らが最もネタに貢献していると言えそうです。

その後、診断メーカー「お前のツイート伸びすぎwww」や「お前有名人じゃんwwwwwbot」も生まれていますね。

 

リツイートが伸びたツイートに対するネタというのは、今回に限らず続いてきたものでした。

例えば、「FF外から失礼するゾ〜(謝罪)」のコピペや、「(感想) わさらー」というツイートはよく見かけますね。

今回の「お前有名人じゃんw」は、有名になった時だけ友達面する人への皮肉や、「大量リツイート=有名」という独特の見識をよく表したあるあるネタとして、人気になっていますね。

リツイート数の多いツイート、有名人のアカウント、プロモーションツイートは、どれも人の目が集まる場所になっているため、好き勝手に(クソ)リプライを送る自由帳になっていることが多いです。

クソリプがテンプレート化した例としては、「素直に射精です」や「ELECTRICAL COMMUNICATION」があります。

Twitterには、狭い範囲での奇妙な言葉使いを見つけ出し、ネタ化して爆発的に速く広げる力があります。

今後も、大量にリツイートされたツイートなど、人目につきやすい場所からネタは生まれていくんでしょうね。

 

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

こちらもおすすめ

「FF外から失礼するゾ〜(謝罪) 」「ニコ騒ぎ」のブームをていねいに解説するよ

Twitter最大の謎わさわさ集団「ワサラー団」とは? 流行った5つの理由

「素直に射精です。」元ネタは声優に寄せられたツイート

「ELECTRICAL COMMUNICATION」ひどい動画の元ネタは、淫夢ではなくBME

(オタク特有の早口…瞬足…コーナーで差をつけろ)の元ネタは?

「イキる・イキリオタク」の意味・初出・元ネタは?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ