「この中に〜はいるか 連れて行け」の元ネタ・初出は?

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

最近、Twitterで「この中に〜はいるか 連れて行け」という言葉をよく見かけます。

気になったので、その元ネタ・初出を調べてみました。

スポンサードリンク

「この中に〜はいるか 連れて行け」の元ネタ・初出

「この中に〜はいるか 連れて行け」の元ネタ・初出となったのは、「プログラマー狩り」と呼ばれる大喜利と言えるでしょう。

これは2012年、2014年、2017年と定期的に流行っています。

参考:プログラマ狩り – Togetter

 

現在の形のテンプレート、#プログラマー狩りというハッシュタグが生まれたのは2014年ですね。

参考:#プログラマー狩り until:2014-11-15 – Twitter検索

 

2017年10月のツイートは1万RT以上され、現在までいたる派生ネタを引き起こしています。

参考:#プログラマー狩り #プログラマ狩り タグ2つ用意する時点で隠しきれぬ職業臭 100いいね以上まとめ – Togetter

いずれにせよ、「プログラマーと一般人の違い、プログラマーにしかわからないネタ」を混ぜ込んでいく大喜利になっていますね。

「ここに◯はいるか?」

ABC「いません」

A「普通の答え」

B「普通の答え」

C「◯◯を知っている答え」

「いたぞ、連れて行け」

これが共通するテンプレですね。細部は改変されることが多いです。

 

2014年のブームのときは、#音ゲーマー狩りが#プログラマー狩りに先行しています。

参考:#音ゲーマー狩り until:2014-11-07 – Twitter検索

 

まとめると、

2012年:「その国では大規模なプログラマ狩りが行われていた…」コピペが生まれる

2014年:#音ゲーマー狩り#プログラマー狩りのハッシュタグが生まれて流行る

2017年10月:再度「#音ゲーマー狩り、#プログラマー狩り」が発掘され、一般化する

という流れですね。

 

プログラマーや音ゲーマーは、一般の人には通じないあるあるネタを持っていて、Twitterでも彼ら同士の連携は強いです。そのため、ハッシュタグを使ったネタがその内部で流行っていたのでしょう。

流行った結果、「プログラミング・音ゲームという中身を入れ替えれば他のコピペも作れるのでは?」と気づく人も出てきて、改変ネタが広がったのだと思います。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

スポンサードリンク

こちらもおすすめ

「〜のここがすごい!〜のここがダメ!」の元ネタ・初出は?

Twitter「頭が良い人と悪い人の見方の違い」の元ネタ・初出は?

「そのツイート、○○が見たらどう思うでしょうか?」の元ネタ・初出は?

Twitter「私がなんで怒ってるかわかる?」の元ネタ・初出は?

スポンサードリンク
ネット文化
全記事まとめ

(295記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(42記事)
Twitter
(83記事)
にちゃんねる・ふたば
(38記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
淫夢本編
(34記事)
淫夢派生ネタ
(42記事)
クッキー☆
(28記事)
ホモと見るYoutuber
(10記事)
MAD全般
(29記事)
バーチャルYoutuber
(42記事)
Twitter
(83記事)
にちゃんねる・ふたば
(38記事)
ハセカラ
(10記事)
考察・研究記事
(23記事)
古典
全記事まとめ

(88記事)


ネット好きにおすすめ
スマホの通信制限に悩まない! 動画視聴に最適なポケットWi-Fi「UQ-WiMAX」とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス