学びたいことがありすぎて、一人分の人生では時間が足りない。


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕はインターネットを使った読書会「文脈ゼミ」、そのコミュニティである「文脈ゆるゼミ」を運営しています。そしてゆくゆくは、大学に通わずとも大学レベルの学びを得られる場所として「個人大学」を作りたいと考えている。それはなぜなのか、はっきりさせてこなかったので考えてみました。   大学以外に、大学レベルのことを学ぶ環境の選択肢を まず、僕には学びたいことがたくさんあるんですよね。もうそれこそ無限に。 一つのことを極めると、必ず広い視点につながっていきます。大学では数学を学びましたが、もっと他の分野も学びたい。哲学や社会学を学びたいし、心理学や経済学も学びたい。古典の本を読み続けたい。 じゃあ、例えば哲学が学べる学部に入ればいいじゃないかという提案があります。 しかし、それには4年の時間と学費を再びかけることになる。聴講生・科目等履修生ならまだ負担は軽いでしょうが。それに、学びたい分野が増えれば増えるほど、時間はかかります。 大学に入り直すというのは、一つの手ではあると思います。しかし、それが効率が良い手段かというと、そうでもないのではないかと思うのです。人生は有限で、時間はすぐになくなってしまう。 僕が大学に求めているものを整理すると、ゼミ・図書館・人間関係であって、それは大学でなくてもできるのではないかと。 大学に入り直すという選択肢ではないが、気軽に大学レベルの内容を学び続けられる環境の選択肢を作りたい。   ともに学ぶことで、限られた時間で効率的に学べる 僕はその選択肢の具体的な形として、学びに関心がある人のコミュニティは有効だと思うのです。 とかく学ぶことには時間がかかります。 本1冊を読むのに1日かかるのは普通のこと。仕事や家事、趣味や友達との限られた時間の中で、学ぶための時間を捻出するのは容易なことで……


記事を読む →

Facebookグループを使ったおしゃべりコミュニティ「文脈ゆるゼミ」を作りました。参加者募集中!


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 「文脈ゆるゼミ」を作りました。Facebookグループを使ったゆるい勉強会、もといおしゃべりコミュニティです。誰でも参加できるのでどうぞ!   文脈ゆるゼミとは 文脈ゆるゼミは、このつぶやきから生まれました。 うーん。ブログを書くだけじゃなくて、そのブログのテーマで話をする場所を作りたいなあ。「この文脈の話がしたいんだ!」みたいな。夜あたり時間があったら作ろう。 — 木村すらいむ (@kimu3_slime) August 18, 2016 ウェブ記事も本もそうですが、読むだけじゃ満足できないんですよね。その内容は、ブログに書いたり、人と話したり、どこかに出かけることでようやく自分のものになっていく。ウェブにそういう場所があればいいなと思ったのです。なければ作りましょうということで作りました。 TwitterやFacebookのタイムラインはフロー型のメディアで、「あることについてテーマを決めて話し続けること」が難しいです。例えば、「なんでライフデザインしなければならないの?」というブログ記事を書いて、SNSで共有しても、それは各々のタイミングで消費され、そこから対話が生まれることにはなりにくいです。そこで、Facebookのグループ機能を使えば、ある程度ストックで、「会話を主体にした場所、好きなことの話ができる場所」が作れると思ったのです。 文脈ゼミでは、本やテーマを決めて、週1回対話を中心とした学び合いをしています。こちらは濃密な会話ができますが、時間を調整してリアルタイムでやる必要があります。ちょっとガチ気味で、参加できる人が限られてしまいます。文脈ゼミや、対話によって学ぶことに興味を持ってくれている人に、もうちょっと広く楽しんでもらえる方法はないかなと考えて、文脈ゆるゼミを作りました。Facebo……


記事を読む →

リアル文脈ゼミ「科学技術社会論夏の学校2016に参加して思うこと」


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 今回は、リアル文脈ゼミと称して、文脈ゼミのようすを動画で撮ってみました! みくさん(左)、青山さん(真ん中)、木村(右)です。 動画の下部で、科学技術社会論とは何か、そこで考えたことなどを文章にしていきます。 カメラの位置が悪いし、画面がちょっと暗いというラフさ……(笑)   科学技術社会論 夏の学校とは 画像引用:科学技術社会論 夏の学校 2016 僕が参加した「科学技術社会論 夏の学校 2016」は、つくばで行われた2泊3日のイベント。テーマは「科学を表現する 科学で表現する」。理系の大学院生から科学雑誌の編集者まで、計40人以上の参加者がいました。イベントの概要を引用します。  科学技術社会論(STS = Science, Technology and SocietyまたはScience and Technology Studies)とは、科学・技術と社会との関係について、人文学・社会科学・自然科学などの手法を用いて考察していく学際的領域です。ある特定の科学や技術が社会や人々の生活にどのような影響を与えうるのか、科学の専門家と市民との関係はどうあるべきなのか、科学者の生み出す専門知が成立する背景にはどのような社会的影響が存在するのか、など、多様な問いを内包する学術領域です。   開催趣旨 科学を表現する、科学で表現する――科学技術社会論夏の学校2016では、参加者の皆さまとともに、この二つのテーマについて考察したいと考えております。 科学と社会の接点には、多様な表現の方法が存在します。研究の成果について報じるマスメディアや商業誌は、科学「を」表現していると言えるでしょう。一方でサイエンスアートやSFは、作者の感情や思想を、ときに科学「で」表現します。これらはそれぞれどのような特徴をもち、どのように重な……


記事を読む →

【随時更新】文脈ゼミで読んだ本・資料まとめ、ゼミ生リスト


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 文脈ゼミで読んでいる本、学んだ内容をまとめた資料、ゼミ生の一覧を記しておきます。随時更新。 文脈ゼミってどんなものか様子を見たい方は、ぜひ資料を見てみてください。   ゼミの手引き 【参加者募集(一時停止)】ゼミって何をするの? 文脈ゼミの手引きその1 「教わる」つまらなさよりも、「学ぶ」楽しみを。 文脈ゼミの手引きその2 ゼミの準備って何をすればいいの? 文脈ゼミの手引きその3   坂野 認知行動療法(2016年02-04月) 認知行動療法 posted with amazlet at 16.05.15 坂野 雄二 日本評論社 売り上げランキング: 117,043 Amazon.co.jpで詳細を見る   ゼミ生:木村、匿名希望さん 坂野「認知行動療法」ゼミ – Evernote   クラックホーン 文化人類学の世界(2016年05-月)   文化人類学の世界―人間の鏡 (講談社現代新書 255) posted with amazlet at 16.05.20 クライド・クラックホーン 講談社 売り上げランキング: 279,654 Amazon.co.jpで詳細を見る   ゼミ生:木村、ハルカさん クラックホーン 文化人類学の世界 – Evernote 文脈ゼミ「クラックホーン文化人類学の世界」 1章人類学とは何か Part1 – ChatCast 文脈ゼミ「クラックホーン文化人類学の世界」 1章人類学とは何か Part2 – ChatCast 文脈ゼミ「クラックホーン文化人類学の世界」 1章人類学とは何か Part3 – ChatCast   藤垣・廣野 科学コミュニケーション論(2016年05……


記事を読む →

ゼミの準備って何をすればいいの? 文脈ゼミの手引きその3


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕は、少人数で本を読む勉強会「文脈ゼミ」をやっています。(参考:【参加者募集(一時停止)】ゼミって何をするの? 文脈ゼミの手引きその1) ゼミの参加者であるゼミ生は、本を章・節ごとに担当箇所を分けて、発表することになります。 その準備のために、最低限どんなことをしておけば良いのでしょうか? 準備しなければならないことは、ひとつだけ。 文脈ゼミで大事にしていることは、「1.本に書いてある内容を正しく消化して、2.自分の言葉で語れるようにすること」です。 本って、図書館や書店や家の本棚にあるだけではほぼ無用の長物で、読んでこそ意味があると思うんですよね。しかも、読むだけで忘れてしまうなら、それはただの娯楽。読んで内容を解釈し、自分のこととして学び、アウトプットできるようにする。そこまでやれば、本にはとても大きな価値がある。 — 木村すらいむ (@kimu3_slime) May 15, 2016 1.本に書いてある内容を正しく消化する 2.自分の言葉で語れるようにする(できればメモを使わずに) これを達成するために、「各章・節ごとに短いまとめを作り、何も見ずに説明できるようにしておくこと」。 これを文脈ゼミの最低限の準備とします。 その他、キーワードを整理したり、わかりやすい資料を作ることも勉強になるとは思いますが、ゼミ生各自が自主判断で取り組むことにしましょう。   「わかったつもり」を防ぐための「まとめ」作り 1.本に書いてある内容を正しく消化する 2.自分の言葉で語れるようにする これらを重視するのは、「わかったつもり」を防ぐためです。 僕もそうですが、一度文章をさらっと読む(=目を通す)ことができると、そこに書いてある内容がわかった気持ちになります。 でも、本当にその内容がわかっているとは限りません。……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ