微生物はいかにして人間に知られたか 服部「微生物を探る」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 服部勉「微生物を探る」を読みました。 もともとは微生物学の古典・入門書を探していて、そこで出会ったのがこの本です。 多くの微生物に関する本は、微生物の分類・各種の解説に尽きていて、微生物に関して知っている前提のものばかり。 そんな中で「微生物を探る」は、「そもそも微生物ってどういう歴史的背景で発見されたの?」というところから入って、レーウェンフックが顕微鏡で発見したというエピソードを詳しく書いてくれています。 服部さんが定年になったときに研究人生を振り返り、微生物学の意義を考え直して書いた、味わい深い本です。一種のエッセーとして読める部分もありますね。 さて僕は微生物学は初学なので、「微生物はいかにして発見されたか」がとても面白かったです。それを紹介します。   微生物学の先駆け・レーウェンフックと王立学会 微生物の古典としては、レーウェンフック、パストゥール、コッホ、この3人が重要でしょう。   まずはレーウェンフックから。1632年・オランダ生まれの彼は、「微生物を最初に観察した」人として知られています。 「近くの湖の水を取ってきて、顕微鏡で観察すると、奇妙な粒子がたくさんあるのを発見しました」という手紙を、科学学会・ロンドン王立学会に送っています。 彼はその生き物を、アニマキュールと名付けました。現在の言葉で言えば微生物にあたるものでしょう。1/10mm〜1/1000mmの生き物が存在するなんて、当時の常識ではありえないことですよね。 彼は商人であり、科学に関する専門的な教育を受けた経験がありませんでした。にもかかわらず、科学に対して大きな貢献をした人物というわけです。 独自の顕微鏡を数百個も開発し、ひたすら観察する好奇心旺盛な人だったようです。水の中だけでなく、動物の体、人の排泄物、人の腔内とサンプ……


記事を読む →

「ミーム」の起源・ドーキンス「利己的な遺伝子」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 リチャード・ドーキンス「利己的な遺伝子」を読みました。 もともとは「ミーム」という言葉の起源を知りたくて読んだのですが、ミームとは関係なく、進化論の話として面白かったです。 現在のネット上においてミームは専らインターネットミームのことを指していて、ネットスラング・テンプレネタ・定型を意味するものとして使われています。 今回は、ドーキンスの進化論の中で、どういった流れでミームという言葉が登場したのかまとめたいと思います。   ダーウィン進化論の分子的・遺伝子的焼き直し 「利己的な遺伝子」は、ダーウィンの進化論を捉え直した本です。 進化論のメインの考え方は、自然淘汰・自然選択説(natural selection)。進化が起こるメカニズムは、環境に合った変異を持った個体が子孫を残すという捉え方です。 キリンの首が伸びたのは、個々のキリンが首を伸ばそうとしたからではなく、たまたま首の長いキリンが生まれ(突然変異)、それが草原での環境に合っていたから生き残ったということ。 ダーウィンが「種の起源」を書いた時期は、メンデルの法則のような遺伝に関することが一般には理解されていませんでした。 ドーキンスは、ダーウィニズムを分子・遺伝子レベルで再解釈したと言えるでしょう。   遺伝子は一種の「自己複製子」 ミームの話に行く前に、ドーキンスの進化論の概要をまとめておきましょう。 人はなぜ存在するのか。地球にはどうやって生命が誕生したのか。その問いに、ドーキンスは「自己複製子(self-replicator)」という概念を使って答えます。   約40億年前、地球には何の生物も存在せず、原始のスープと呼ばれる海が存在したと言われています。 水、二酸化炭素、メタン、アンモニアのような単純な分子はあったでしょう。これらの物……


記事を読む →

Twitterで話題のハッシュタグ「 #数学和歌を詠もう 」とは?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 先日、文脈ゆるゼミでTwitterハッシュタグ「#数学和歌を詠もう」が面白いということを教えてもらいました。 和歌っていまいちピンと来なかったのですが、具体例と解説を聞くと、驚きました! 今回は、#数学和歌を詠もうを紹介します。   数学和歌とは? まずは僕が最初に感動した数学和歌を。 改良版。お題: 鳩の巣原理。「鳩は飛び 軒何処かはと 巣は問はず 原初の究説け 理の言の葉と」 #数学和歌を詠もう https://t.co/Tmk4k71UCC — 綾塚 祐二 (@ayatsuka_yuji) September 11, 2016 まず、鳩の巣原理について簡単に紹介しましょう。 5つの巣箱のいずれかに、6羽の鳩全羽を入れる状況を考えます。このとき、どのような鳩の入れ方であっても、2羽以上入っている巣箱が必ず1つは存在する。これが鳩の巣原理の主張です。 証明は簡単で、もし2羽以上入っている巣箱が1つもないと仮定すると、5つの巣箱に入っている鳩の合計が5羽になってしまい、これは6羽の鳩全羽を入れるという前提に矛盾しますね。 例として5つの巣箱に6羽の鳩を入れる状況を考えましたが、\(n\)つの巣箱に\(m\)羽の鳩(\(n,m\)は自然数で、\(m>n\))を入れる状況を考えても同様に鳩の巣原理が成立することはわかります。 別に鳩ではなくてもよくて、40人の学校のクラスで、39個しか下駄箱を用意しなかったら、最低一つはかぶってしまう箱があるとも言えます。シンプルでわかりやすい存在定理ですね。 和歌の内容に戻ると、ちゃんと定理の内容が書かれています。「軒何処はと」どこの軒(巣箱)に鳩が飛び立とうと、「巣は問はず」に鳩が二つ入っているところがあるという理。 そして、この句の中には、鳩が6匹隠れています。鳩……


記事を読む →

「数学する人生」数学者・岡潔が詠った日本の情緒


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 数学者・岡潔の著作「数学する人生」を読みました。彼は数学者でありながら、人間の心(情緒)を探求したエッセイを残していて、興味深く面白いんですよね。 2016年の2月に著された新しい本ですが、岡潔は1978年に亡くなっています。どういうことかというと、「数学する人生」は、「数学する身体」を書いた森田真生さんが編集しています。森田さんは岡潔の猛烈なファンです。 参考:数学を専門的に学んでいなくても面白い数学エッセー「数学する身体」   数学する人生 posted with amazlet at 16.09.15 岡 潔 新潮社 売り上げランキング: 22,098 Amazon.co.jpで詳細を見る   岡潔とは? まずは、岡潔のことを簡単に紹介しましょう。 岡潔(おか きよし)は1901年に生まれた、日本を代表する数学者のひとり。 大学を卒業後にフランスに留学し、その後「多変数解析関数論」という分野で偉大な業績を残した。帰国後に助教授となるも、研究に専念するために退職。その後、研究の業績が称えられて朝日文化賞や文化勲章が授けられた。そして、「春宵十話」などのエッセイを残す。詳しくは、「岡博士のこと – 奈良女子大学」をご覧ください。 引用:岡博士のこと – 奈良女子大学   わからないもの\(x\)に関心を集め続けること 僕は大学・大学院で数学に向かい合ってきました。 岡先生はポアンカレに影響を受けていて、「数学における発見がいかにして起こるか?」ということをよく捉えている文章を書きます。   例えばこれがものすごく良い。 情は常に働いていて、知とか意とかはときに現れる現象だから、情あっての知や意です。「わかる」というのも、普通は「知的にわかる」という意味ですが、そ……


記事を読む →

数学を専門的に学んでいなくても面白い数学エッセー「数学する身体」


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 「数学する身体」という本を読みました。数学を通して人間にせまるエッセーです。数学を専門としていない人でも、数学者のエピソードが気になる人なら楽しい本ですね。   数学する身体 posted with amazlet at 16.09.07 森田 真生 新潮社 売り上げランキング: 5,185 Amazon.co.jpで詳細を見る   人間の活動としての数学 この本を書いた森田 真生(もりた まさお)さんは、1985年生まれの独立研究者です。 高校卒業後は東京大学文学部に進学し、大学卒業後はプログラマーとして働きました。職場で出会った物理学出身の友人をきっかけに、数学に興味を持ち、東京大学理学部数学科を入学・卒業後、独立。在野で研究活動を行いながら、「数学の演奏会」「大人のための数学講座」というライブ活動を行っています。 ホームページ:http://choreographlife.jp 独立研究者って珍しいですよね。僕はあまり例を知りません。数学関係だと、僕は相転移Pさん、結城浩さんを追っています。森田真生さんは名前だけ見たことがあったので、今回本が読めて良かったです。 本の内容は、数学の知識がなくても読めるもので、人間の活動としての数学を歴史順に追っていくもの。本の中ではプラトンを引いたり、ユクスキュルを引いたりして、単に数学を内側から見た数学史にとどまらないのが面白いです。 「ものを数える」から始まった数学から現代の数学まで、その移り変わりがわかりやすくまとまっています。特に、コンピュータの元となる理論を生み出したチューリング、数学における「情緒」を大切にした岡潔を特に重点を置いて紹介していますね。 岡潔が「情緒」という言葉を好んで使った背景にはそれなりの理由があった。心には本来、「彩りや輝きが動き」があ……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ