ボイスロイドの著作権・二次創作のガイドラインまとめ


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ニコニコ動画のゲーム実況プレイで人気な、結月ゆかり・琴葉姉妹などのVOICELOID(ボイスロイド)たち。 彼女らを利用したイラスト・小説・動画などの著作権・二次創作のガイドラインについてまとめます。 (この記事の情報は、僕が調べた範囲・執筆時点のものです。当サイトではその内容の責任を負いません。実際に創作を行うときは、必ずご自身の目で文章をお確かめください。)   ボイスロイドとは 画像引用:VOICEROID+ 結月ゆかり EX そもそもボイスロイドとは、株式会社AHSが販売している入力文字読み上げソフトの総称です。 ボイスロイドという言葉は、正確には「株式会社エーアイが開発した人間的で自然な音声合成を実現することができる高性能音声合成ソフトウェア」を指します。 しかし、一般的には株式会社AHSが販売しているソフトウェア「VOCALOID+ 結月ゆかり」などの製品を指すことが多いので、この記事でもそれを取り扱うことにします。 つまり、結月ゆかり、弦巻マキ、琴葉 茜・葵、歌愛ユキ、京町セイカ、鷹の爪 吉田くん、月読アイ・ショウタ、東北ずん子・きりたん、猫村いろは、氷山キヨテル、マクネナナ、水奈瀬コウなどがボイスロイドに当てはまりますね。   ボイスロイドの著作権・二次創作ガイドラインまとめ キャラクターの二次創作は、非商用で個人・同人サークルならOK 結月ゆかり、琴葉姉妹、東方ずん子は、キャラクター使用ガイドラインがそれぞれ公開されています。 参考:結月ゆかり キャラクター使用ガイドライン、琴葉茜 キャラクター使用ガイドライン、東北ずん子利用の手引き それによると、非商用(無償で)かつ個人・同人サークルが二次創作を公開・配布することは承諾されています。 ここでの二次創作には、テキスト・イラスト・動画が含ま……


記事を読む →

アイドルマスター・ニコマスの著作権・二次創作のガイドラインまとめ


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 バンダイナムコエンターテインメントから2005年に発売され、アイドル系ゲームの先駆けとなった「アイドルマスター(以下、アイマス)」シリーズ。 ニコニコ動画でも人気を集め、アイドルマスターMAD関係のコミュニティにはニコマスという独自の名前もつけられているくらいです。 二次創作は活発ですが、アイマスの著作権・二次創作のガイドラインは示されているのでしょうか?   アイドルマスター・ニコマスの著作権・二次創作のガイドラインまとめ 結論から言うと、僕が調べた限りでは、バンダイナムコはアイマスについて二次創作のガイドラインを示していません。 アイマスとともにニコニコ動画で人気なボカロや東方は、二次創作のガイドラインを公式サイドが提示しています。御三家と呼ばれるジャンル(アイマス・ボカロ・東方)の中で、アイマスのみが唯一、公式発表がありません。 つまりは、アイマスの二次創作はバンダイナムコ側の黙認状態になっています。 この対応は、企業としては珍しいことではありません。問題があったら対応するというスタンスでしょう。ボカロや東方が珍しい方ですね。 なぜ黙認するのか。その理由の一つには、二次創作に公式へのメリットがないわけではないが、すべてをチェックするのが大変だからというものです。「akiraaniの日記: プレイ動画問題について」という記事が参考になるので、少し長いですが引用します。 では、バンダイナムコはニコマスに対してどう対応をしているのかというと「見なかったふり」を貫いている。同じニコニコ動画内で関連する公式チャンネルを持っていたり、ライブの様子をニコニコ生放送で中継していたりと、ニコニコ動画そのものとは積極的にかかわっているにもかかかわらず、ニコニコ動画以外も含め公の場ではニコマスには一切言及しない。 規模的に考えて、ラ……


記事を読む →

艦これの著作権・二次創作のガイドラインまとめ


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 2013年にDMM.comから公開され、大人気となったブラウザゲーム「艦隊これくしょん(以下、艦これ)」。 実在の艦を少女化したキャラクター・艦娘(かんむす)の種類は、100以上。その一人ひとりにイラスト・ボイスが付いていて、しかも史実をもとにした設定がキャラに反映されています。 そうした背景があって、艦これは二次創作が盛んなジャンルとなりました。 艦これ運営は、二次創作に対して比較的寛容で、一定のガイドラインを示しています。この記事では、そのガイドラインの内容をまとめます。 (情報は記事執筆時点で、筆者が確認できた範囲のものです。最新の情報であることは保証しません。)   艦これ 二次創作のガイドライン 一般慣例的な同人活動は基本OK 「艦これ」の同人誌やイラスト・漫画・小説・コスプレ(全年齢)等の一般慣例的な【同人活動】については…公序良俗に反するもの・ゲームシステムのあるもの・ゲーム内の音源/画像を使ったもの・関係各社/者に迷惑を与えるもの以外は…【現時点】では基本【OK】と考えています。#艦これ — 「艦これ」開発/運営 (@KanColle_STAFF) December 28, 2013 「艦これ」の「艦娘」などの【なりきりツイート】等に関しては、公序良俗に反するもの・他の提督方や運営/開発に迷惑をかけるものや不快な気持ちにさせるもの・ファン活動を逸脱したもの以外は…基本【OK】です。エチケットと楽しさ、どうぞご留意して頂けますと幸いです。#艦これ — 「艦これ」開発/運営 (@KanColle_STAFF) December 8, 2013 一般慣例的な同人活動は、イラスト・漫画・小説などの二次創作をコミックマーケットで配布すること、インターネットで公開・配布することを指している……


記事を読む →

東方Projectの二次創作ガイドラインまとめ・プレイ動画の許可は必要?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ZUNさんを代表とする同人サークル「上海アリス幻樂団」の作品、弾幕シューティングゲーム「東方Project」はコミックマーケットやネット上で多大な人気を集めています。 その人気のきっかけは、同人誌・BGMのアレンジなどの二次創作が大量に増えたからでしょう。 そもそも、ZUNさんは二次創作に対して比較的寛容であり、二次創作のガイドラインがまとまっていたのです。 二次創作の情報はあまりに多く、ガイドラインを見つけにくい状況だと思うので、改めてこの記事でも紹介しようと思います。   東方Projectの二次創作ガイドラインまとめ まずは公式ブログ「博麗幻想書譜」の「東方Projectの版権を利用する際のガイドライン 2011年版」をチェックしましょう。ここでは、その内容を整理し簡単に紹介したいと思います。 実際に二次創作を作って公開する場合は、「東方Projectの版権を利用する際のガイドライン 2011年版」を必ず自分で読んでくださいね。   個人・同人サークルによる利用 個人・同人サークルによる二次創作は、ZUN氏に連絡を取らなくてもホームページで公開したり、同人ショップで委託販売することができます。 二次創作物には、漫画、小説、ゲーム、イラスト・CG、グッズ、コスプレが該当しますね。 当サークルでは同人で慣例的な手段(ホームページ上で公開、即売会や同人ショップの委託販売等)と内容(漫画、小説、ゲーム、CG、グッズ、コスプレ等)であるならば、許諾、提出、報告等を行わなくとも自由に使用して構わない事にしています。 なお、その創作物の著作権は二次創作作者のものになります。二次創作物をめぐるトラブルが発生した場合も、当サークルでは一切責任を負いかねます。 引用:上海アリス幻樂団創作物の二次創作・使用関連ページ 配布……


記事を読む →

初音ミク・ボカロの著作権・二次創作のガイドラインまとめ


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ニコニコ動画で、初音ミク・ボーカロイドの二次創作は大人気です。 作品を作るときには、その著作権を守り・二次創作のガイドラインに従いたいところ。比較的自由に利用しやすいとはいえ、完全に著作権フリーであるわけではありません。 とはいえ、公式のガイドラインもネット上で意外と見つけにくいと思うので、ここで簡単にまとめたいと思います。   二次創作のガイドライン「ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)」とは 今回紹介するガイドラインは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(以下、クリプトン社)が権利を持っているボーカロイドが対象となります。 つまり、初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITOが対象ですね。 クリプトン社は、キャラクターの自由な二次創作を承諾するために、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)というガイドラインを公開しています。 これによって、営利を目的とせず、対価を受け取らない場合は、二次創作として利用できることになります。素晴らしいですね。 画像引用:ピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)   解説動画「著作物の利用範囲を拡げるPCLとピアプロリンク」も、タイトルは固いですが、著作権に対する基本的な考え方が非常にわかりやすいので、ぜひ見てください。 画像引用:著作物の利用範囲を拡げるPCLとピアプロリンク   二次創作のガイドライン抜粋 ここからは、「キャラクター利用のガイドライン」に基づいて紹介していきます。その内容は「ピアプロ・キャラクター・ライセンス(正文)」が基準となっています。 実際に二次創作をする場合は、必ず自分でリンク先を確認してくださいね。 非営利かつ無償での公開はOK 画像引用:キャラクター利用のガイドライン 営利を目的とせず、無……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス