心のスイッチを押す「ミーム 心を操るウイルス」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 リチャード・ブロディ「ミーム―心を操るウイルス 」を読みました。 ミームと言えば、もともとは生物学者ドーキンスが著書「利己的な遺伝子」の中で提唱した言葉です。 参考:「ミーム」の起源・ドーキンス「利己的な遺伝子」を読む 2017年現在、インターネット・ミームという言葉を耳にしますが、1997年に書かれた「ミーム―心を操るウイルス 」を読めば、ミームという言葉がどのように人々に捉えられているかわかると思い、読んでみました。   がっかりしたこと 正直なところ、読んでいてがっかりした!(読む意味がないとは言ってない) まずはそれを述べてみます。 この本は、「ミーム学」なるものを提唱しています。 マインド・ウイルス、そしてミーム学全体が、心の科学という分野に大きなパラダイム・シフトを起こしている。 引用:ミーム―心を操るウイルスp.14 パラダイム・シフトとは、天動説から地動説への転換のように、科学における根本的な仮説が変化することを指す言葉です。 自ら提唱する学問を、パラダイム・シフトと呼ぶのは傲慢が過ぎる。「あの発見が、ものの見方を変えた」その評価は、後世の人が与えるものではないでしょうか。 これまた腹立たしいのが、「ミーム学は革新的な科学的アイデアだ。それは最初無視され、あざけられ批判される。こうして受け入れられていくのだ」と、新しいパラダイムに対する一般論で、自説をもっともらしくみせようとしている。 ここで著者リチャード・ブロディの経歴を見ると納得しました。 そもそも、生物学・心理学の専門家ではないんですよね。1981年生まれで、マイクロソフト社に入社経験がある著述家。著書は「Getting Past OK(後悔はやめよう)」で、セミナー「Your Life’s Work(あなたのライフワーク)」を開く……


記事を読む →

「ウェブ炎上」を中立的にとらえた先に、希望を見出す


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 荻上チキ「ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性」を読みました。2007年に出版された本ですが、内容は古くなっていません。荻上チキさんは、批評家・ブロガーで、TBSラジオ「Session22」のキャスターとして活動しています。 ウェブ・SNSを使っている人で、炎上という言葉を聞いたことがない人がいないのではないでしょうか。例えば最近では、「インターネットで死ぬということ 1度の炎上で折れた心 北条かや」という記事で北条かやさんが炎上について語っています。 「ウェブ炎上」は、「炎上は良くないものである」「ウェブはこういう方向に向かう」と言った価値判断をする前に、炎上の「仕組み」を具体例から読み解こうという方向性の本で、その内容に共感したので紹介しますね。   ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書) posted with amazlet at 16.09.19 荻上 チキ 筑摩書房 売り上げランキング: 289,058 Amazon.co.jpで詳細を見る 炎上を中立的に捉える「サイバーカスケード」 今ではとある事柄がウェブ上で爆発的に話題になることは「炎上」として捉えられていて、それにはネガティブなイメージがつきまといます。 しかし、2000年代は炎上のみがその現象を呼び表す言葉ではありませんでした。ブログへのコメントが押し寄せる「コメントスクラム」、にちゃんねるの人が一箇所のスレッドに集まって盛り上がる「祭り」といった言葉がありました。「電車男」はスレに応援しようと思った人が集まったもので、炎上と呼び表すのにはふさわしくありません。 そこで、炎上という現象を中立的に捉えるために、著者は「サイバーカスケード」という概念を引っ張ってきます。 サイバーカスケード(cyber cascade)は、アメリカの憲法……


記事を読む →

ウェブを観察すると隠れた「アーキテクチャの生態系」が見えてくる


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ニコニコ動画の「例のアレ」カテゴリをしっかり語れる人にならなくてはと思い、社会学者の濱野智史(はまのさとし)さんの 「アーキテクチャの生態系: 情報環境はいかに設計されてきたか」を読みました。 本の帯で東浩紀さんが「本書ぬきにニコニコ動画は、そして日本社会は語れない。」と煽っています(笑)。もちろん日本においてなぜニコニコ動画が登場したかという分析も面白かったのですが、それだけではない。 メインは、ブログやSNSなどのウェブサービスを「ソーシャルなソフトウェア」と捉え直し、その「アーキテクチャ」はどうなっているかという社会学的観点から分析するもの。単に「ウェブ反対」「ウェブを推し進めよう」みたいな話でないのが良いですね。   アーキテクチャの生態系: 情報環境はいかに設計されてきたか (ちくま文庫) posted with amazlet at 16.09.12 濱野 智史 筑摩書房 売り上げランキング: 216,885 Amazon.co.jpで詳細を見る   アーキテクチャと社会の循環的な関係 アーキテクチャという用語は、アメリカの憲法学者ローレンス・レッシグが「CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー」の中で論じられたものです。 レッシグは、アーキテクチャを、規範、法律、市場に並ぶ、人の行動や社会秩序をコントロールするための方法だと言っています。 例えば、デジタルの音楽・映像の著作権を人々に守らせるためには、どんな方法があるでしょうか。「映画の撮影は禁止」と映画館で訴えかけるような規範的な方法、違法なアップロードを禁止する法律を作るなどなど。でも、それはどんなに厳しくしても抜け出てしまう人がいる。だったら、そもそもコピー自体を技術的にできないようにしてしまえばいいというのが、アーキテクチャ的……


記事を読む →

「ニコニコ哲学」ニコニコ動画は、川上量生の思想のほんの一部が生み出したにすぎない 


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕はニコニコ動画を毎日見る程度にはニコニコ動画が好きで、このブログでも「ニコニコ動画・ゲーム実況」というカテゴリを作って30近い記事を公開しています。 ニコニコ動画の面白さとは別にしても、ドワンゴ会長の川上量生さんは個人として面白いんですよね。今回は、彼の考えをインタビューで聞き出した本「ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち」を紹介します。   ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち posted with amazlet at 16.08.31 日経BP社 (2014-11-14) 売り上げランキング: 30,815 Amazon.co.jpで詳細を見る   川上量生さんとは? この本を手に取ったのは、ニコニコ動画のうんちくがみたいからではなく、川上量生という人間に興味を持ったからでした。僕にとっての川上さんの話をさせてください。 2007年の初期からニコニコ動画は知っていましたが、2014年まで川上さんのことは知りませんでした。動画サービスにユーザーとして触れている限りでは、彼を知る機会はあまりありませんからね。 彼を初めて知ったのは、コンピュータと人間が将棋対決する企画「電脳戦」の告知イベントに参加しようと、六本木のニコファーレに行ったときのことです。ニコニコ動画に登録しているユーザーあてに招待メッセージが届き、面白そうな企画だから行ってみようと思ったんですよね。 ニコファーレ自体面白い施設で、会場はニコニコ生放のため録画され、そして生放送のコメントが会場の壁面を囲むディスプレイで表示されます。「prprprprprpr」みたいな、パソコンで見れば笑わないようなコメントも、リアルな空間で展開されるとなぜか笑ってしまう(笑)。 画像引用:nicofarre – about イベントでは、将棋界の会長と……


記事を読む →

古典1冊がビジネス書10冊よりもすぐれているのはなぜか? 『本の「使い方」』を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 僕は今年に入ってから古典を読み始めましたが、それは『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』という本がきっかけでした。ライフネット生命を立ち上げた出口さんの著書です。 参考:僕が読んだ・これから読みたい人文社会科学系の古典の本27冊 古典を読むのは、(面白いのですが)はっきり言ってしんどいこと。それでも読むのは、古典が本としてすぐれているから。その理由を考えてみましょう。 参考:どうして本を読むのか? 本は人生の攻略本   本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21) posted with amazlet at 16.08.29 出口 治明 KADOKAWA/角川書店 売り上げランキング: 23,948 Amazon.co.jpで詳細を見る   古典がすぐれている4つの理由 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』には、」ビジネス書を10冊読むより、古典を1冊読むほうが、はるかに得るものが大きい」と書かれています。この本自体がビジネス書(新書)にもかかわらずです(笑)。 1 時代を超えて残ったものは、無条件に正しい(より正確には、「正しいと仮置きする」) 早速ですが、この理由は古典を読む価値として必ずあげられるものでしょう。 昔の人だって、アホなことをたくさん言ってきたはずです。ですが、アホな著作は、市場の洗礼に耐えられず、消えてしまったのです。いまも残っているということは、それは、「残った理由も理屈もよくわからないとしても、確実に何らかの意味がある」からです。だとしたら、それは無条件で、「正しい」と仮置きすべきなのです。 引用:本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 数百年数千年の間、淘汰されずに生き残ってきた本が古典ですから、それだけ正しく役に立つことが載っている可能性が高いです……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ