メディアは人を改造する マクルーハン「メディア論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 マクルーハン「メディア論―人間の拡張の諸相」を読みました。 読もうと思った理由は、方向性としては二つあります。 これまで読んできた古典では近代(の前半)がわかったので、「資本論」と合わせ、近代の後半から現代にかけて理解したかったから。 もう一つは、インターネットが生み出す文化を研究したいと思っていて、それにあたりメディアの研究は避けて通れないものだから、ですね。 最初は、編集者の菅付雅信さんが書いた「はじめての編集」で、マクルーハンを取り上げていたことから、あ、有名な人・本なのだな、と知ったかと思います。   さて読んでみると、難しいし読みにくい(古典あるある)。一文一文が何を言っているかはわかります。しかし、全体として何を明確に言いたいのかがはっきりとしないんですよね。レヴィ=ストロース「野生の思考」のように、たくさんの例とメタファーが使われています。人によって理解の仕方・面白かったポイントがまったく違いそうな本です。 「メディアの内容を調べても意味がない」、「電気のメディアは個人と公衆の意識をつなげる」という話が面白かったので、そこを紹介していきます。   メディアの「内容」に意味はない マーシャル・マクルーハンは、1911年カナダに生まれました。 もともとは英文学(イギリス文学)の古典を研究をしていた人です。 例えば、活版印刷文化が生まれて間もない頃に、その影響を十分には受けなかった作家の文体を研究していました。 それがあって、1962年の「グーテンベルクの銀河系」や1964年の「メディア論」といったメディアが人に及ぼす影響を論じるようになったのでしょう。 さてメディアとは何でしょうか。マクルーハンは、人間の身体・中枢神経組織の拡張であると述べています。 これはメディアに関する一般的な定義である、「コ……


記事を読む →

資本主義によって、労働者は安いモノ扱いに? 池上彰「高校生からわかる資本論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 池上彰「高校生からわかる「資本論」」を読みました。 資本主義は、現代の日本にも続く考え方です。にもかかわらず、僕はその内容をよく知りません。なので、本から学ぼうというわけです。 この本は、マルクスの「資本論」を池上彰さんが解読するというものです。普段読んでいる古典に比べると、めちゃくちゃわかりやすい。 マルクス資本論というと、ロシア・中国などの社会主義国や、日本でのマルクス主義を伴った学生運動など、なんとなく胡散臭いイメージを持っていました。 ところが、マルクスの「資本論」自体はそういう胡散臭さはありません。マルクスの主張とマルクス以降の運動(社会主義・マルクス主義)は別物でした。 今回は、マルクスの趣旨からずれた社会主義はなぜ広まったか、資本主義とは一体何なのか、それを簡単にまとめようと思います。   社会主義国家はマルクスの趣旨と違う? マルクスは1818年、プロイセン(現西ドイツ)にユダヤ人として生まれました。法学と哲学を学んだあと、新聞記者になり、世の中の事を批判するように。 その後、工場を経営する資本家エンゲルスのサポートを受けて研究。1864年には国際労働者協会の中心人物になり、1867年に「資本論」を出版します。 大雑把に言えば、「資本主義が発達すればするほど、労働者はモノとして安く扱われていく。そうしていつか労働者たちは革命を起こす。」というもの。   マルクスが後の社会に大きく知られるようになったきっかけとして、ソ連があるでしょう。 ソ連ができあがるきっかけには、レーニンがマルクスを学んだことにあります。1917年にロシア革命を起こし、社会主義国家を作ろうとしたわけです。 しかし、これはマルクスの趣旨とは違います。彼は、資本主義が十分に発達し、(工場)労働者が増えた段階における労働者による……


記事を読む →

近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 最近、いわゆる啓蒙思想の本を一通り読んだので、近代とは何なのか、理性、啓蒙思想、科学をテーマに、僕なりに考えてみようと思います。   理性とは何か スコラ哲学から生まれたもの 僕は、近代を説明するときに、まずデカルトから出発します。 1596年にフランスに生まれた彼は、「理性を使って学問を作ろう」と呼びかけました。 理性、あるいは合理性とは何でしょうか。それを理解するためには、中世を知ると良いでしょう。 近代に入る前(中世)の学問は、トマス・アクィナス(1225生)に端を発するスコラ哲学が支配的でした。 スコラ哲学は、簡単に言えば、キリスト教思想+アリストテレスの自然学です。 神学を学んだ宗教改革者ルター(1483生)は、神の救いは「信仰のみ」によって得られると考えました。 当時のキリスト教は、国家を主体とした国教会となっていて、「教会に行かなければ救われない」という行動を求めていたわけです。 ルターはそこに反対しました。のちにカトリックとプロテスタントに分かれるきっかけですね。 と同時に、彼は信仰と理性を分離したわけです。理性のみでは神にたどり着けない。一方で、哲学・自然学をやるためには、理性が必要で信仰は不要だと。 参考:【科学の本質を探る㉖】中世スコラ学者による近代科学への貢献(その2)スコラ哲学を崩壊させ、哲学を神学から分離したスコラ学者 阿部正紀 – Christian Today こうしてデカルトの思想にたどり着きます。理性とは、何か教えを信じることではないし、感覚でもないのです。 さてデカルト以降は、啓蒙思想と近代科学という二つの流れが生まれました。ひとつずつ見ていきましょう。   啓蒙思想とは 神の支配から民の支配へ 啓蒙思想とは、人間とは何なのか、国家と人間はどのような関係にあ……


記事を読む →

人民の一般意志で国はできあがる ルソー「社会契約論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ルソー「社会契約論」を読みました。 ルソーは初めて読んだ時にピンと来なかったので、プラトン、グロティウス、ホッブズ、ロック、モンテスキューと迂回しています。 いわゆる「社会契約論・啓蒙思想」に触れたいなら、ルソーの前に、まずホッブズを読めば枠組み・問題意識が手っ取り早くわかるかと思います。 ルソー「社会契約論」は、そこまでの流れを前提にしている部分があるかと。グロティウスやホッブズやモンテスキューを当然のように引いてますし。(こういう話、ルソーを手にする前に最初に知りたかった笑) 社会契約を人民の人民に対する契約として捉えたことは新しい点で、そこには一般意志のという少しわかりにくい概念が関係してきます。その両方を紹介します!   国は人民同士の契約の上に成り立っている ルソーは、1712年・ジュネーブ共和国(現在のスイス)に生まれ、フランスで活躍しました。ホッブズ・ロックから1世紀ほど後ですね。 社会契約論を書いたのは1762年。その約25年後に起こるフランス革命に影響を与えたと言われています。ちなみに、生前に著作は評価されず、死後・フランス革命後に評価されたようです。 「社会契約論」は、ホッブズ・ロック・モンテスキューと同様、人類が自然状態からどうやって・何のために国を作るかを説明します。それが、社会契約です。 われわれの各々は、身体とそのすべての力を共同のものとして一般意志の最高の指導の下におく。そしてわれわれは各構成員を、全体の不可分の一部として、ひとまとめとして受けとるのだ。 引用:社会契約論 p.31 ルソーの社会契約は、モンテスキューやホッブズの考え方、人民が一緒になり契約してその権利を君主に預けるという考え方を批判しています。 人民が契約して託す先が、人民自身(区別するために主権者と呼ぶ)なのです。 &……


記事を読む →

法があるからこそ自由がある モンテスキュー「法の精神」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 モンテスキュー「法の精神」を読みました。 啓蒙思想についてきちんと知りたくて、ホッブズ、ロックに次いで読んでいます。 この二者(とルソー)に比べると、モンテスキューは、これまでの法を知った上で新たな法の見解を示そうとしており、啓蒙的というよりは実証的・社会学的な本だと思いました。 そもそも法とは何か、人間の法は社会と関係した上で作られること、法があるからこそ自由があること、などの話が面白かったので紹介します。   法はそれ単体で考えるものではなく、社会との関係の上で考える モンテスキューは、1689年・フランスに生まれました。ホッブズ・ロックから半世紀ほど後ですね。 「法の精神」には、イギリスの政体へのリスペクトがありますが、特にロックの影響によるものでしょう。 当時のフランスは、ルイ14世によって確立された絶対王政でした。モンテスキューは、専制政治に対して常に厳しく批判しています。 とはいえ、彼は貴族(男爵)であり、保守的かつ極めて中立的に法を捉えようとしていました。   本の書き出しは、「法とは事物の本性に由来する必然的関係のことである」です。 あらゆる存在には対応する法がある。神には神の法があり、物理には物理の、人間には人間の法がある。まずそれを区別しましょうというわけです。 そして、人間の法には、制定された法律(万民法)の以前に、自然法があり……と話を展開します。グロティウスと同様の精神が見られますね。 参考:人間の本性は、協力関係だ グロティウス「戦争と平和の法」を読む モンテスキューがユニークなのは、法律をそれ単体で考えるのではなく、政体、自然条件、住民の生活様式・習慣などと関係づけたことです。 法が先行して決まるのではなく、政治の形式や、住民が生み出す文化的な要素に合わせて決まっていく、それが……


記事を読む →

ニコニコ動画・「例のアレ」が全部わかる記事まとめ
スマホでアニメを合法・無料で視聴できる動画配信サービスは?

ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?

例のアレ 淫夢 クッキー☆ ホモと見るYoutuber 淫夢派生ネタ
MAD全般 Twitter にちゃんねる・ふたば ハセカラ 考察記事

ニコニコ動画 ニコ動初期 ボカロ・ボイロ
御三家+α(萌え系) 二次創作ガイドライン
ゲーム実況 ポケモン実況 スプラトゥーン実況 東方Project

本の紹介 哲学・宗教・人文社会学 数学・自然科学 ウェブ・ビジネス書
オピニオン 文脈ゼミ 文脈ラジオ