ハンナ・アーレント、ナチズムを理解しようとし続けたユダヤ人哲学者


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ハンナ・アーレントの解説本、映画「ハンナ・アーレント」、番組「100分de名著 全体主義の起源」を見ました。 彼女は1906年ドイツに生まれたユダヤ人で、哲学を学ぶも、ナチスによって強制収容所に送りこまれた経験があります。 なんとかアメリカへ亡命した彼女は、1951年に「全体主義の起源」、1963年に「エルサレムのアイヒマン- 悪の陳腐さについての報告」を著し、ナチズムを理解しようとし続けた人として知られています。 僕はもともと、世界大戦、あるいはアウシュヴィッツでの虐殺はなぜ起こってしまったのか興味があったので、アーレントの思想に触れたいと思いました。 彼女からは、私たちが生きている社会今なおが抱えている問題と、哲学者としての資質を教えてもらった気がします。 画像引用:ハンナ・アーレント – Wikipedia 私以外に目を向けること – 人間の複数性 まずひとつテーマとしてあるのが、ナチズム(ヒトラーやアイヒマン、旧体制のドイツ)だけが悪だったわけではないということだよね。 人って、何か悪い出来事があったときに、悪者探しをしてその”せい”にすることで、問題と自分との関係を切って考えがちです。そうすれば、自分には何の責任もなかった、って言えますからね。   そんなものの考え方ではいけない。アーレントは、「(人間の)複数性」という概念を核として提唱します。 彼女によると、ナチズムに代表される全体主義とは、複数性が失われた状態なのです。 どういうことか。複数性のない状態とは、人間に個性のない状態のことです。人間は誰もが同じで代わりの効く存在であり、100人いれば100人同じことをする。そういう状態では、1万の人がいようが動物がいるのと同じなのです。 これはいわゆる大衆社会……


記事を読む →

身につくのは、自ら考えたことだけだ ショウペンハウエル「読書について」


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ショウペンハウエル「読書について」を読みました。 そもそもこの本は、「読書とは何か」、読書術が書いてある古典的な本だろうと期待して買ってみたのです。 すると期待通り、いや期待以上に読みやすく、的確なことが述べられたエッセーでした。 古典の本ってどうも読みにくいものが多いのですが、プラトンやルネ・デカルトのような明晰さがありますね。 本の選び方という点では「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」も僕は良い本だと思っています。 が、「読書について」はもっと基本的なテーマ、読書と思索(考えること)の関係を扱っています。   読書=他人の思索のタダ乗り 例えば、「読書とは、他人にものを考えてもらうことである」という主張。 言われてみれば当たり前なのですが、初めてその文を見たときはハッとしました。 僕はこれまで読んできた本の紹介記事では、わりと本の内容の紹介、つまり考えてもらったことを要約することが多かった。 これってあんまり身にならないんですよね。だって自分で考えていないから。 逆に、「近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る」とか「「愛」をベースにしたメディア運営をします」といった記事はよくまとめられたと思います。そこには自分のテーマがあるのです。 受け売りの考えは、賞味期限がとても短いです。短期的な記憶が機能してる間だけ使えるもので、それが終わったら読書をする前とほぼ同じ状態へ戻ってしまいます。 どんなにうまいプレイ動画を見ても、それでゲームがうまくなるわけではありません。プレイして頭を疲労させるからこそ、ゲームのための筋肉がつくわけです。 読書のあと頭の中に残るのは、ただ自ら気の向くままに真剣に考えたことだけ。 もともとただ自分のいだく基本的思想にのみ真理と生命が宿る。我々が真の意味で十分に理解するのも自……


記事を読む →

メディアは人を改造する マクルーハン「メディア論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 マクルーハン「メディア論―人間の拡張の諸相」を読みました。 読もうと思った理由は、方向性としては二つあります。 これまで読んできた古典では近代(の前半)がわかったので、「資本論」と合わせ、近代の後半から現代にかけて理解したかったから。 もう一つは、インターネットが生み出す文化を研究したいと思っていて、それにあたりメディアの研究は避けて通れないものだから、ですね。 最初は、編集者の菅付雅信さんが書いた「はじめての編集」で、マクルーハンを取り上げていたことから、あ、有名な人・本なのだな、と知ったかと思います。   さて読んでみると、難しいし読みにくい(古典あるある)。一文一文が何を言っているかはわかります。しかし、全体として何を明確に言いたいのかがはっきりとしないんですよね。レヴィ=ストロース「野生の思考」のように、たくさんの例とメタファーが使われています。人によって理解の仕方・面白かったポイントがまったく違いそうな本です。 「メディアの内容を調べても意味がない」、「電気のメディアは個人と公衆の意識をつなげる」という話が面白かったので、そこを紹介していきます。   メディアの「内容」に意味はない マーシャル・マクルーハンは、1911年カナダに生まれました。 もともとは英文学(イギリス文学)の古典を研究をしていた人です。 例えば、活版印刷文化が生まれて間もない頃に、その影響を十分には受けなかった作家の文体を研究していました。 それがあって、1962年の「グーテンベルクの銀河系」や1964年の「メディア論」といったメディアが人に及ぼす影響を論じるようになったのでしょう。 さてメディアとは何でしょうか。マクルーハンは、人間の身体・中枢神経組織の拡張であると述べています。 これはメディアに関する一般的な定義である、「コ……


記事を読む →

資本主義によって、労働者は安いモノ扱いに? 池上彰「高校生からわかる資本論」を読む


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 池上彰「高校生からわかる「資本論」」を読みました。 資本主義は、現代の日本にも続く考え方です。にもかかわらず、僕はその内容をよく知りません。なので、本から学ぼうというわけです。 この本は、マルクスの「資本論」を池上彰さんが解読するというものです。普段読んでいる古典に比べると、めちゃくちゃわかりやすい。 マルクス資本論というと、ロシア・中国などの社会主義国や、日本でのマルクス主義を伴った学生運動など、なんとなく胡散臭いイメージを持っていました。 ところが、マルクスの「資本論」自体はそういう胡散臭さはありません。マルクスの主張とマルクス以降の運動(社会主義・マルクス主義)は別物でした。 今回は、マルクスの趣旨からずれた社会主義はなぜ広まったか、資本主義とは一体何なのか、それを簡単にまとめようと思います。   社会主義国家はマルクスの趣旨と違う? マルクスは1818年、プロイセン(現西ドイツ)にユダヤ人として生まれました。法学と哲学を学んだあと、新聞記者になり、世の中の事を批判するように。 その後、工場を経営する資本家エンゲルスのサポートを受けて研究。1864年には国際労働者協会の中心人物になり、1867年に「資本論」を出版します。 大雑把に言えば、「資本主義が発達すればするほど、労働者はモノとして安く扱われていく。そうしていつか労働者たちは革命を起こす。」というもの。   マルクスが後の社会に大きく知られるようになったきっかけとして、ソ連があるでしょう。 ソ連ができあがるきっかけには、レーニンがマルクスを学んだことにあります。1917年にロシア革命を起こし、社会主義国家を作ろうとしたわけです。 しかし、これはマルクスの趣旨とは違います。彼は、資本主義が十分に発達し、(工場)労働者が増えた段階における労働者による……


記事を読む →

近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 最近、いわゆる啓蒙思想の本を一通り読んだので、近代とは何なのか、理性、啓蒙思想、科学をテーマに、僕なりに考えてみようと思います。   理性とは何か スコラ哲学から生まれたもの 僕は、近代を説明するときに、まずデカルトから出発します。 1596年にフランスに生まれた彼は、「理性を使って学問を作ろう」と呼びかけました。 理性、あるいは合理性とは何でしょうか。それを理解するためには、中世を知ると良いでしょう。 近代に入る前(中世)の学問は、トマス・アクィナス(1225生)に端を発するスコラ哲学が支配的でした。 スコラ哲学は、簡単に言えば、キリスト教思想+アリストテレスの自然学です。 神学を学んだ宗教改革者ルター(1483生)は、神の救いは「信仰のみ」によって得られると考えました。 当時のキリスト教は、国家を主体とした国教会となっていて、「教会に行かなければ救われない」という行動を求めていたわけです。 ルターはそこに反対しました。のちにカトリックとプロテスタントに分かれるきっかけですね。 と同時に、彼は信仰と理性を分離したわけです。理性のみでは神にたどり着けない。一方で、哲学・自然学をやるためには、理性が必要で信仰は不要だと。 参考:【科学の本質を探る㉖】中世スコラ学者による近代科学への貢献(その2)スコラ哲学を崩壊させ、哲学を神学から分離したスコラ学者 阿部正紀 – Christian Today こうしてデカルトの思想にたどり着きます。理性とは、何か教えを信じることではないし、感覚でもないのです。 さてデカルト以降は、啓蒙思想と近代科学という二つの流れが生まれました。ひとつずつ見ていきましょう。   啓蒙思想とは 神の支配から民の支配へ 啓蒙思想とは、人間とは何なのか、国家と人間はどのような関係にあ……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス