身につくのは、自ら考えたことだけだ ショウペンハウエル「読書について」


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ショウペンハウエル「読書について」を読みました。 そもそもこの本は、「読書とは何か」、読書術が書いてある古典的な本だろうと期待して買ってみたのです。 すると期待通り、いや期待以上に読みやすく、的確なことが述べられたエッセーでした。 古典の本ってどうも読みにくいものが多いのですが、プラトンやルネ・デカルトのような明晰さがありますね。 本の選び方という点では「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」も僕は良い本だと思っています。 が、「読書について」はもっと基本的なテーマ、読書と思索(考えること)の関係を扱っています。   読書=他人の思索のタダ乗り 例えば、「読書とは、他人にものを考えてもらうことである」という主張。 言われてみれば当たり前なのですが、初めてその文を見たときはハッとしました。 僕はこれまで読んできた本の紹介記事では、わりと本の内容の紹介、つまり考えてもらったことを要約することが多かった。 これってあんまり身にならないんですよね。だって自分で考えていないから。 逆に、「近代とは何か 〜 理性、啓蒙思想、科学をテーマに語る」とか「「愛」をベースにしたメディア運営をします」といった記事はよくまとめられたと思います。そこには自分のテーマがあるのです。 受け売りの考えは、賞味期限がとても短いです。短期的な記憶が機能してる間だけ使えるもので、それが終わったら読書をする前とほぼ同じ状態へ戻ってしまいます。 どんなにうまいプレイ動画を見ても、それでゲームがうまくなるわけではありません。プレイして頭を疲労させるからこそ、ゲームのための筋肉がつくわけです。 読書のあと頭の中に残るのは、ただ自ら気の向くままに真剣に考えたことだけ。 もともとただ自分のいだく基本的思想にのみ真理と生命が宿る。我々が真の意味で十分に理解するのも自……


記事を読む →

「偽中国語・射爆・謝謝茄子」の意味・元ネタ・初出は?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 最近、Twitterで「偽中国語・射爆・謝謝茄子」という言葉をよく見かけます。 気になったので、その意味・元ネタ・初出を調べてみました。   「偽中国語・射爆・謝謝茄子」の意味 「偽中国語」の意味 偽中国語とは、「大変感謝、全然問題無、意味理解不可能」など、日本語の文を変形させて漢字のみで表記することによって中国語に見せかけた表現のことです。 つまりは日本のネットユーザーのネタ・遊びですね。 例えば、「意味理解不可能」は「意味がわからない」という日本語文を変形させたものです。 助詞にあたるひらがな「が」は省略します。「わからない」というひらがなで表記された否定形の動詞は、理解・不可能と漢字に置き換えられます。 ひらがな・カタカナは削る。名詞・動詞は漢字に変換する。これで偽中国語はできあがります。 最近では、「緊急射精案件」という言葉がネットの一部で流行っています。   「射爆」の意味 射爆は、「爆発して気持ちがいいようす」を意味する中国のネットスラングです。これは偽中国語ではありません。読み方は、シャーバオラ。 もとはゲームで使われた言葉で、転じて「(ちんちんが)爆発する・射精する」という意味を持っています。 定型表現として「我他妈射爆」が使わます。音をとってwtmsbと略されることも。伏字として射爆と同じ発音の社保が使われます。 おそらく「wtmsb」は中国語の「我他妈射爆」のピンインの頭文字を取ったもので、 我→「私は」他妈→直訳だと「彼の母」なのだが、「他妈的」で「クソ」とか「畜生」とかの意味になるのでおそらく強調表現射爆→発射・爆発した→おそらく「おちんちんがバーストした」 だと思われる — フーポ☆C92新刊とら委託 (@huupoppo) May 3, 2017 参考:射爆 &#82……


記事を読む →

「JGN姉貴(テレサ姉貴)・ヤニカス☆」の元ネタ・初出は?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 ニコニコ動画やTwitterで「JGN姉貴(テレサ姉貴)・ヤニカス☆」という言葉をよく見かけます。 気になったので、その元ネタ・初出を調べてみました。 「JGN姉貴(テレサ姉貴)・ヤニカス☆」の元ネタ・初出 JGN姉貴(テレサ姉貴)とは 画像引用:東方夏休み ヴォイスドラマ企画 JGN姉貴は、美翔カズヤ兄貴が2014年に企画した東方ボイスドラマ「東方夏休み ヴォイスドラマ企画」にアリス役として登場するキャラクターです。メカクレアリス・偽ALCとも。声優はテレサ姉貴。 「東方夏休み」はその多くのシーンで色塗りのない白黒のイラストを使っていることなどから、カス☆と呼ばれていました。   ところが、10:06-10:40あたりのシケたイラストが人気に。このイラスト・キャラクターは、スヌーピーの原作漫画「ピーナッツ」の絵柄に似ていることからピーナッツ☆と呼ばれます。 ピーナッツ☆を発掘したのは、「夏休み」投稿翌日の動画「カス☆で唯一面白かった所BB」です。 画像引用:カス☆で唯一面白かった所BB この動画の使用例では、「ルパン三世」のキャラクター・次元大介とピーナッツ☆アリスを組み合わせてネタにしています。 これをもって、ピーナッツ☆アリス=JGN(次元)姉貴と呼ばれるようになったわけですね。 本編では影の薄いキャラでしたが、次元と結びつけられたことでタバコを吸うハードボイルドなキャラクターになりました。   ヤニカス☆とは ヤニカス☆は、JGN姉貴をさらに人気にしたBBクッキー☆劇場と言えるでしょう。作者はマヌケ面ヤシの木(マヌヤシ)兄貴。 画像引用:ヤニカス☆.3gp JGN姉貴はタバコ屋となって、やってくる客に合ったタバコを売っています。後半部分では、文章を使ってタバコの解説をしていますね。 ヤニ(タバコ)+……


記事を読む →

「ハードからソフトのプログラムへ」コンピュータの基礎・ノイマン型コンピュータとは?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 スマホ・パソコン・インターネットは、ここ100年の世界を大きく変えてきました。このブログも、その恩恵によって作られたものと言えます。 さてそれが形になっているのは、コンピュータというものを誰かが生み出したからです。 前回は、コンピュータの原型となる仮想の機械チューリングマシンを紹介しました。 今回は、それを具体的な機械にしたフォン・ノイマンおよびノイマン型コンピュータの特徴を紹介しようと思います。   フォン・ノイマンとは 画像引用:Thomas Gotchy – flicker フォン・ノイマンは1903年、ハンガリーに生まれました。ユダヤ系の家系で、数学や科学全般でめきめき頭角を表す。のちにアメリカで研究活動をし、数学者、物理学車、コンピュータ科学者として知られるようになります。 ものすごく計算が早く、悪魔の頭脳を持つ男とも呼ばれます。コンピュータができたときには、「俺の次に計算の速いやつができた」とジョークを言ったそう。 原爆開発に携わったこともあってか、映画「博士の異常な愛情」のマッドサイエンティストのモデルになったとも言われています。(面白い映画ですが、ノイマン自身とはあんまり関係ないです) 参考:戦争に飲み込まれた科学者の好奇心 マンハッタン計画と原子爆弾   ノイマン型コンピュータとはなにか さて、ノイマン型コンピュータの話をしましょう。 ノイマン型というとなんだか難しく聞こえるかもしれませんが、あとで説明するように記憶装置をもったコンピュータのことです。 前回、チューリングマシンの話をしました。テープとスキャナーと命令書(メモリ、CPU、プログラム)があれば、なんでも計算できる機械ができる、という話でした。 問題は、それをどうやって実現するかです。チューリングマシンをすぐれた形で……


記事を読む →

「笑いのニューウェーブ・陣内智則」の元ネタ・初出は?


どうも、木村(@kimu3_slime)です。 最近、Twitterやニコニコ動画で「笑いのニューウェーブ・陣内智則」という言葉をよく見かけます。 気になったので、その元ネタ・初出を調べてみました。 「笑いのニューウェーブ・陣内智則」の元ネタ・初出 元ネタとなったのは、お笑い番組「エンタの神様」における陣内智則さんの名乗り口上です。 画像引用:陣内智則 自動車教習所 – Youtube 新しい仕掛けを生み出し続けるのは、この男〜! 笑いのニューウェーブ 陣内智則 「笑いのニューウェーブ」がキャッチフレーズの陣内智則さん、ということをわかりやすくアピールしていますね。   盛り上げていく冒頭の文章は、「新しい……この男〜!」を中心として、細かい部分が変化したバージョンがあります。 次々と新しい展開を生み出しているのは、この男〜! 次々と新しい仕掛けを繰り出すのは、この男〜! 今年も、新しい仕掛けをどんどん生み出していくのは、この男〜! 幅広い層から期待されているのは、やっぱりこの男〜! 新しい笑いの牽引者と言えば、やっぱりこの人! 今最も注目されているのは、やっぱりこの人!   どのように流行ったか 「笑いのニューウェーブ 陣内智則」というフレーズ自体は、Twitterではかなり昔から定期的に使われていました。 少なくとも、2009年にはその書き込みがあります。 \笑いのニューウェーブを巻き起こすのは こ~の男ー!!/ リキッドって面白いなぁ・・ — コロンビア (@nnnemui) February 14, 2009 また、2014年の時点でも数百RTされるツイートがありますね。 笑いのニューウェーブ 陣内智則今夜は不適合な臓器を移植してしまった陣内の身体に、はげしい拒絶反応が襲いかかる〜! — ダ・ヴィンチ・恐山(品……


記事を読む →

ネット文化 古典
ネット文化全記事まとめ(150記事以上) 古典・全記事まとめ(50記事以上)
ニコニコ動画の面白キケン地帯「例のアレ」とは?
淫夢本編 淫夢派生ネタ
クッキー☆
ホモと見るYoutuber
MAD全般
哲学・宗教・人文社会学
Twitter 数学・自然科学
にちゃんねる・ふたば
ハセカラ
ウェブ・ビジネス書
考察・研究記事 古典とは?
スマホでアニメを合法・無料で見る!おすすめの動画配信サービス